漫田久子の備忘録

日常、競馬など

燗酒飲んで西野カナ聴けば大抵の悩みが消える

燗酒を2合飲むのが日課である。好きな銘柄は神亀、辨天娘、奥播磨るみ子の酒、竹鶴…挙げればキリがないが、仕入れてきた1升瓶のコレクションの中からその日の気分に合わせて酒をチョイス。実家暮らしなので母の手料理を肴にちびりちびりと酒をすする。酒器はもちろん平杯。香り・旨みを存分に感じられる平杯は燗酒を楽しむのに最も適している。基本的においしい燗酒を飲める居酒屋にしか入らないし、どんな時でも一杯目から燗酒をすする。すべてを忘れられる至福の時間だ。同世代の中では間違いなく先んじてこの感覚を得られた幸福感はそこはかとない。一生かかっても理解できない人がいるのだから。

f:id:anadaisei0609:20190115222800j:plain

僕の酒コレクションたち。

そんな燗酒を飲む僕にとって切っても切れない相棒がいる。その名もちろり。燗をつけるための酒器だ。僕はさらにこだわって錫(すず)製のちろりを使う。熱伝導率が非常に高く、湯煎で短時間に燗をつけることができる。アルコールが飛ぶのでできるだけ早く加熱しないとせっかくのおいしい酒が台無しになるので、僕みたいな人間にとってはなくてはならない存在だ。「キャメロン・ディアスと結婚」or「ちろり」の2択を迫られたら、もちろん「キャメロン・ディアスと結婚して、彼女にちろりを使って燗をつけてもらう」という選択肢を選ぶだろう。それぐらい大事。

f:id:anadaisei0609:20190115215001j:plain

相棒のちろり。

熱しやすく冷めやすい錫製ちろりは僕を客観的に見せられている気がしてならない。自分自身非常に熱伝導率が高く、それ故に失敗・後悔したことも数知れず。熱湯に浸かるちろりに自己投影する姿はあまりに病的で気持ち悪いが、ここから感じ取った教示は割と深イイ。

 

ちろりをただ熱湯に浸けとくと中身の酒は適温を超え台無しになってしまう。燗冷ましなんていう技もあるけど、意図しない燗冷ましは決まっておいしくない。これは怒りにまかせてぶちギレ、冷静になった途端に大反省タイムが訪れるのと同じやな。かといって熱くなりすぎるのを恐れて早めにあげると人肌燗ぐらいの何とも中途半端な燗酒ができあがる。これは臆病者のチキン野郎が思うことに対し何もアウトプットできず、いつまでもモヤモヤが残るあれと同じやな。では意図した温度で最高のタイミングでちろりを取り出したら。思わず笑みがこぼれる最高の燗酒が出来上がる。何にでも最高のタイミングが存在する。

 

f:id:anadaisei0609:20190115223334j:plain

写真はキャメロン・ディアスちゃん。

どんなに最高の酒でも自分がタイミングを逸することで台無しになる。自分がどんなに最高な人間でもタイミングを失えば何もかも失う。こんな教示を燗酒から得たのである。酒と僕らが違うのは、熱湯から飛び出すタイミングを自分自身でコントロールできること。自分の行動次第でおいしい酒にもなるしまずい酒にもなる。

 

僕はジャズ喫茶みたいなところでレーズンやナッツをつまみながらウイスキーを飲むのも好き。やっぱり音楽と酒っていいよね。歌詞がある曲は感情移入してしまいストレスになるらしいが、ここは大して意味がない西野カナでも聴きながら辨天娘をすすろうと思う。

俺より年上のしょうもない奴らを見てマジで笑えない

最近新潟を本拠地にしている某アイドルグループが騒がしい。その本家本元のアイドルグループのことがめちゃくちゃ好きだった自分としては何となく他人事でない感じがする。そんな中でこのアイドルグループでキャプテンを務めたかつての神推し・きたりえこと北原里英さんが、関係者で唯一まともなコメントを立場を気にせずに発信した。素直に推しでよかったなあと思い泣きそうになった。この言葉が報われてほしいし、報われないようなグループではあってはならない。そう思う。被害者の女の子が救われて加害者関係者全員に厳粛な処罰が与えられることを切に願っている。

 

f:id:anadaisei0609:20190112133719j:plain

写真は小嶋陽菜ちゃん。

そんな神推しのきたりえは僕より3つ年上の27歳である。実際に色々話したわけではないのでアイドルとしての北原里英しか知らないけど、僕が知りうる限り自分を客観視できてるすばらしい人だなと思う。自分の兄も同い年なので自分の中で3つ年上の人たちはめちゃくちゃ大人のイメージがある。しかし実際にはどうにもならないダメ人間の27歳がたくさんいて、むしろその方が多数派な気がする。それは自分が3つ年下21歳からそう思われているだろうなあという自覚を持ちながら思っているわけだけど。繰り返しになるが世の中にはどうしようもないぼんくらな大人たちがたくさんいる。

f:id:anadaisei0609:20190112133751j:plain

写真は小嶋陽菜ちゃん。

自分で言うのも痛いけど、僕はよく「え!?24歳!?落ち着いてる!!」と言われる。その度に大真面目に全力で「そんなことないですよ。毎日AV買ってオナニーしてるし馬券も死ぬほど買ってるしつまらないことで一々キレるし…」などと、きょどりながらキモオタみたい(実際にキモオタ)にマイナスポイントを並べて否定するわけだけど、最近になって世の中のそこらへんのぼんくらと比べたらそりゃ大人だよという感情が芽生えてきた。嗚呼、日本って終わってるな。ダメな大人を見て自慰行為するばかりである。

f:id:anadaisei0609:20190112133827j:plain

写真は小嶋陽菜ちゃん。

この世界は利権やつまらないしがらみで塗れている。すべてしょうもない奴らが自己保身のために作り上げたシステムであり、そいつらに媚びたり靴を舐めることしかできないしょうもないやつらが周りを固めハリボテの城を築いている。そんな大層なものではなくとも、馴れ合いばかりしているつまんねえやつらが取り巻きを囲い、気に入らない人間に対して悪口やいじめで嫌がらせをする。そんなのもある意味ミニマムなクソしょうもないコミュニティにおける利権争いだったりするんだけど、他人を貶める争いに勝ってするオナニーの何が気持ちいいんだろうな。レイプや酩酊状態でセックスばかりしている情緒も感じられない猿ならやりかねないか。

 

大人と子供って紙一重だ。山口真帆ちゃん頑張れ。きたりえは結婚してくれ。

競馬の有料配信で成功する方法を考えてみた②

anadaisei0609.hatenablog.com

 

だいぶ前に同じ題名で記事を書いて、「次回に続く」みたいな終わり方をしているけどまったく違う内容を書き綴ります。

 

ちなみにブログ更新報告用アカウントを作りました。

@Manda_blog0402

交流を目的にした物ではないですが、リプには返信すると思います。僕がフォローする人については、ツイートを見るためというよりは面白いブログをチェックするためにフォローしているので、以前仲良かったツイッタラーの中でもフォローしてる人としていない人がいます。「交流用アカウントではない」以外の他意はないので許してください。ちなみにこのアカウント作成は、若干自己顕示欲がぶり返してきたことに起因します(白目)やっぱりブログは人に見られてなんぼやで(白目)

 

競馬の有料配信は「形のない商品」ですが、形ある商品と同様に付加価値の創出がキーになります。それが他に類を見ないサービスであるのか、突出してクオリティーが高いのか、自らの知名度を生かしたブランド力なのか。どれに該当するかはわかりませんが、鼻くそみたいな有料予想家から天照大神みたいな神々しい有料予想家まで、八百万の業者がいるこの業界ではそれがないと勝ち残ってはいけません。

 

そうした時に複数の商品を用意することがとても重要です。なぜなら付加価値を創出しても他人が簡単にパクれる商品だからです。自分が新しく切り拓いたジャンルをトレースされて埋もれてしまっては意味がありません。複数の商品で1つの商品をブランディングすることが重要。ファンネルを作れということですね。

 

PLC(Product Life Cycle)の観点から言うと商品は段階的に出すのが最善でしょう。導入→成長・成熟→飽和→衰退という過程を経て商品は死んでいきますが、やはり導入が最も大事です。ここは労力・時間・経費を惜しまずに導入しましょう。

 

仮に有料予想をコンテンツとするならば、最初の商品は死ぬほど情報を集めて時間をかけて作成し、莫大な情報量を安価に手に入れられる物にするべきです。そこで消費者の信頼を勝ち取り、次に繰り出す利益率の良い商材の拡売につなげるからです。つまり最初の商品は見せ商品で、2番手・3番手に主力商品を取っておくのです。

 

それらの商品は前提として労力と金がかからないシステムにしなければなりません。複数の商品で1つの人気商品を作り上げるのですから、すべて見せ商品になってしまっては意味がありません。仮にそうしてしまうと競馬新聞を買えばいいよね、となってしまいます。わかりやすく言えば「複数の商品を買って最終的に競馬新聞が出来上がる」的なブランディングができれば最高ということになります。

 

次回はより具体的な例と数字を明示しながら理想の有料コンテンツを描いていきます。

 

 

【余談コーナー】

最近めちゃくちゃ感じていることなんですけど、嫌なやつには嫌なやつが集まりますよね。僕自信嫌なやつなので気をつけたいと思います。奇跡的に今は良い人が集まってくれているので。

 

楽しいことばかりだと楽しいことが楽しくなくなる

僕は常にマイナス思考だから本当に気が滅入ってしまう。それ故に功を奏したことも多々あるけど、基本的にこの性格で良いと思ったことは一度もない。だから鬱期間が度々やってくるし、そのうちガチの鬱になるんだろうなあと思ってる。気づいていないだけで既にそうなのかもしれないが。

 

だけど最近いろんなことを見聞きしているうちに、「つまらないことは楽しいことのスパイスになる」という教示を得た。本当に月並みな表現ではあるのだけれど、結局これだなと思っている。そう思うようになってからはなんだか肩の荷が降りたかのように生活している。毎日がビビットで…とはいかないが、まあ前よりは並みの人間ぐらいに上を向いて歩いている気がしてる。

 

f:id:anadaisei0609:20190108225003j:plain

写真はベッキーちゃん。

そのスパイスの例を挙げると、「平日5日間で土日の休み」。これなんかはかなりバランスの良さを感じる。ずっと遊んで勝手に金が増えて…みたいな生活には憧れるけど、「働いて金を稼いでその金で遊んで美味しいものを食べる」という庶民の大前提を踏まえると、絶妙すぎるバランスだと思う。土日休みという幸福を最大限に感じられる日数なんじゃないか。あくまでも肌感ですけどね。正月は久々に3連休を過ごしたけど、正直やることがなさすぎてとても暇だった。脳が労働に侵されてる可能性もあるけど、3日目は休んでも休まんでも別にいいなという感じ。仕事に楽しさを感じている証拠でもあるし、ある意味健康なのかもしれない。

 

馬券はどうだろう。的中率が3割も言ってれば十分馬券上手と言えると思うけど、3割だったら不的中の方が当然多い。2回のはずれが1回の当たりの幸福度を高める…。いや、馬券は絶対毎回当たった方がいいな。当たらなくていいはずがない。当たり前だろ。

f:id:anadaisei0609:20190108225028j:plain

写真はベッキーちゃん。

世の中には不幸続きの人がいる。種類は様々で不幸の大小もあるので、「きっといいことあるさ!」なんていう取って付けたような励ましは口に出すのもおこがましい。仮に言おうとしている無神経な人があなたの近くにいたら、相手を傷つけるだけなので全力で止めてほしい。

 

そんな中であえて言葉をかけるなら、「気が済むまで泣けよ」だと思う。これまた臭いセリフで「言っていいのはイケメンだけ」みたいな感もあるけど、僕が女でこれ言われたらハンカチとパンツを全力で濡らす自信がある。クロちゃんに言われてもな。泣いていい、落ち込んでいい、という安心感ほど大事なものはない。人は「落ち込んだらダメ、泣いたらダメ」って思えば思うほど気が沈む物だと思っている。気が晴れるまで何日、何か月、何年かかろうとも、泣いて落ち込めばいい。それで次に進めるならなにより。その先に楽しいことが待っていたら、辛かったことが初めて報われる。

f:id:anadaisei0609:20190108225053j:plain

写真はベッキーちゃん。

予期せぬ支出で金銭的に泣いてる人。ダメな異性ばかりにあたってなかなか幸せをつかめない人。大事な人の不幸で悲しみに暮れる人。仕事がうまくいかない人。ギャンブルで負け続けてる人。みんな頑張らなくていいので、成り行きに任せて前を向いてほしい。

 

※この記事はスピードワゴン小沢さんが「最近の歌手はバカでもわかる当たり前のことしか言ってないクソみたいな歌詞を垂れ流した曲で共感を得ている」的なことをラジオで言っていた、というニュースを元に実験的に書いてみました。共感した人は読者登録お願いします。

死後に評価されるタイプの人間になりたい

大人気ユーチューバーのsyamu_gameという人がいる。大阪府貝塚市在住の彼は泉南イオンでのオフ会を計画するも参加者0人というおもしろ事件を起こし、のびハザ実況、複数の冷凍食品をレンチンしてドッキングさせたり2種のジュースを混ぜ合わせた「オリジナルメニュー」の動画などで人気を博し、2015年(だったと思う)に惜しまれつつYouTubeを引退した…。と言えばなんかよくわからんけど人気だったんだなあと勘違いする人もいると思うけど、ちょっと知恵おくれっぽい彼の言動を馬鹿にした人たちによってネットのおもちゃにされ、私生活に支障をきたすようになってから家族にYouTube垢を消されたちょっとやばい35歳(年齢はうろ覚え)。これがsyamuさんの正体である。

f:id:anadaisei0609:20190103215846j:plain

写真は山口百恵ちゃん。

僕自身リアルタイムでsyamuさんの動画を視聴していて、性格の悪い話だがヤバいおっさんがヤバいことをしている様子をケラケラ笑いながら見て、「あー俺もまだまだ大丈夫だな」なんて思いながらオナニーしていた記憶がある。自分は暇さえあればニコニコ動画とか2ちゃんを見ている陰キャラだったからまあ知ってるとして、ウェイ系の友達や当時付き合っていた女の子も彼のことを知っていたので、割と僕らの世代では有名人なんじゃないかな。

 

syamuさんの動画は3分で終わる内容が、知恵おくれのトークで20分かけたりとにかく見ているのが辛いレベルで、その他にも視聴者をイライラさせたり思わず鳥肌が立つキモイ言動が多かった。当時は本当にアンチしかいなかった気がする。そんなだからネット住民によって潰されたわけだけど、引退してからは逆に彼を惜しむ声が目立った。謎の中毒性があったのも事実で、ニコ動やYouTubeの転載動画は有名ユーチューバーと遜色のない再生数を記録していた。彼は「YouTubeで食っていきたい」と公言していたので、今だったら絶対できるよ!と復帰を心待ちにする人がかなり多かった。

f:id:anadaisei0609:20190103215951j:plain

写真は山口百恵ちゃん。

そんなsyamuさんが先日YouTubeの動画投稿を再開した。再生数は100万回を余裕で超えててついにか…と期待して見てみたけど、正直「なんか違うな」感が否めない。今の彼にはどうやら動画制作のパートナーがいるようで、そいつがネットでネタにされてる当時の動画に寄せて監督している感じの内容だった。あれはsyamuさんが天然でやってたから面白かったんだよなあ…そう思った人はたくさんいると思う。もっと言うとそのパートナーに金儲けのために利用されてる感が強くて、素直に動画を楽しめないという部分もある。結論「期待はずれ」だと思った。

f:id:anadaisei0609:20190103220008j:plain

写真は山口百恵ちゃん。

世の中には死後や引退後に評価されたり、より評価が高まりレジェンドになる人がたくさんいる。画家で言えばゴッホフェルメール、作家では宮沢賢治なんかも該当するだろうか。僕はそんな偉人たちに憧れる。地道にすごいことを成し遂げていたといういぶし銀的な感じがかっこいいなあと思う。当事者からすれば「生前に評価してくれれば金持ちになれたのに!」みたいに言う人も中にはいると思うけど、このSNS全盛の時代。偉大な先人たちが生きた時代とは違い、今は自分のクオリティーをインスタントに世に知らしめる手段がたくさんある。そんな環境だから土に埋もれる優秀な人材の方が稀有だし、彼らのような人々に憧れるのかもしれない。

f:id:anadaisei0609:20190103220049j:plain

写真は山口百恵ちゃん。

なんでsyamuさんを例に出したかと言うと、彼の場合は引退後に評価されて待望の復帰を果たしたにも関わらず復帰後は酷評される、という非常に数奇な運命を辿っているからだ。スポーツ選手なんかでよく「晩節を汚す」とか「退き際の良さ」みたいな表現が使われるけど、syamuさんはある意味退き際が完璧でレジェンドみたいな扱いをされたのに、そこで色気を出して(悪いやつに利用されて)復帰し評価を落とす悪手を披露してしまったわけで。かわいそう。

 

そう考えると死後や引退後に評価されるには、「露出しなくなるタイミング」が重要なのかな。僕はWIN5で1億円当たったらTwitterに的中画面と札束を載せて切腹しようと思う。

2018年馬券成績の振り返り

ついに2019年になった。正月だからといってなんか特別感を感じるような性格ではないから、ゴロゴロして燗酒をすする普段と変わらない休日を過ごしている。

 

anadaisei0609.hatenablog.com

「馬券購入意欲が激減した」という記事をこの前投稿したが、その時から心境にあまり変化はない。馬券を買いたくないわけではないから気が向いた時に買ってはいるのだけれど、無理して買わなくていいなという感じ。じゃあ前までは無理して買っていたの?という話になるが、どちらかと言えば無理して買っていたと思う。特に2017年はそれが顕著だった。

 

2017年・2018年と、一応2年連続でプラス収支をクリアできた。どちらも払戻合計金額が●百万円だったが、購入金額については2018年は2017年から70万円減らすことができた。なんでこんなに減らせたのかなあと色々考えてみたけど、結局無理して買わなくなったという部分が非常に大きな要因だと思う。


f:id:anadaisei0609:20190103150551j:image

上はPATの収支画面の比較だけど、購入レースも300弱減っている。それで的中率と払戻合計金額に差がないということは、自分の守備範囲に狙いをうまく絞って買えていたということ。浮いた分を自信レースに注力できるから払戻金も増える。好循環だったと思う。

 

「馬券を無理して買わない」というのは一般的に当たり前の話だけど、一度脳汁大量噴出を体感してしまった競馬ファンにとって、実現するのはなかなか難しい。その中で徐々にそういった方向性に持ち込めたことは非常に有意義だったんじゃないかと思っている。前出の記事で書いた通り、実現できた大きな要因として「自己顕示欲の減退」がある。このことは馬券を購入する上でいろんな効果を生み出すはずだ。

 

「誰かに認められたい」馬券はどうしても大きな金額を目指しがちになる。自分は元々穴党なので必ずしもそことリンクするわけではないけど、事後分析をしてみるとそういった要素が干渉している馬券が少なからずあって、オッズバランスと釣り合っていない買い目が多々見受けられる。自分は払戻5万円くらいの3連単に厚く張って大きな払戻を得ることが多く、決して超大穴から帯を目指すスタイルではない。超大穴から狙うときはワイドで買うことが多い。そこを踏まえると今後はより堅実に自分の守備範囲で買っていくことができるのはないだろうか。そうなると的中率の向上も見込める。

 

そもそも今年より馬券購入金額が減ることは間違いないので、その中でいかに取りこぼさないかという点も重要。参戦するレースが少なくなれば、当然今まで当ててたようなレースを購入しない可能性も高まってくる。たぶんプラス収支は余裕で達成できるので今年は「精度」をテーマに競馬を楽しんでいきたい。

経営者と社員の合意形成について

企業のあり方として、経営者と社員、両者がコンセンサスを得ながら運営していくというのが基礎にある。一見当たり前のように思えるが、様々な事情からこれが実現できていない組織がほとんどなのではないだろうか。実行できている企業は間違いなく100年企業になると思うし、レベルの高い経営陣と社員で組織されているだろう。仮に100年企業の絶対条件に、「両者の合意形成が滞りなく遂行されている」ことが含まれているならば、起業100周年を迎えられる企業は全体の3%に満たないらしいから、日本のほとんどの企業でなされていないという事実が浮かび上がる。当たり前だけど実際に調査したわけではないので、あくまでも「それぐらい稀有だよ」ということを伝えたい表現として捉えてほしい。

f:id:anadaisei0609:20181230211608j:plain

写真は柴咲コウちゃん。

これができない理由として、まず経営者・社員間のレベルの差があげられる。よく社員が経営者のことを「バカ社長」などと揶揄する現場を自社他社問わずに目にするが、正直言わせてもらうと経営陣が社員よりバカなのはまずない。これは断言できる。「バカ」というのは色々な捉え方ができて実は曖昧な言葉なんだけど、僕が咀嚼した意味合いではそうなってしまう。

 

そもそも経営に学生時代の勉強の出来不出来はほぼ影響しない。基本的な社会常識がわかっていて、知能指数が足りていればその時点で両者間に差はない。重要なのはその企業の扱うビジネスに対する圧倒的な知識と、自社の状況をしっかり把握できているか否か。そこにある。この能力をものさしにして「バカ」を決めるなら、まず経営者が社員より劣っていることはないだろう。業界に対する知識がなければ経営なんてできないし、経営状況を把握していない経営者はもはや経営者ではない。シンプルにそれだけの話だ。当然それが逆転している企業は議論に達する前に潰れているので、ここではあえて言及しない。

f:id:anadaisei0609:20181230211654p:plain

写真は柴咲コウちゃん。

もちろんレベルの高い社員というのはたくさんいて、そういった人間が管理職、あるいは未来の経営陣として昇級の道を突き進んでいくわけだが、そんなのはまず少数にすぎない。例えばそこらへんの道端にいる営業マンに「御社の損益分岐点はいくらですか?」と声をかけたとして、即答できる人はどれだけいるだろう。ほぼいないと思う。そもそも共有されていない場合もあるが、それすらも把握できていない末端社員が経営陣をバカ呼ばわりすることなどあってはならない。その時点で両者間には決定的な格差が生まれている。

 

大企業の営業マンなんかを見ているとよくわかるが、「そんなに経費使っていいのかなあ」というぐらい会社の金を使っている。経費に見合わない利益に意味はないはずだが、そんなのはお構いなしなのだろう。とにかく自分の実績が上がれば待遇も変わるので仕方ない。そんな環境は心底見ててうらやましいが、「なんも考えてないんだろうなあ…」という感想を持ってしまう。これも両者間の格差を象徴する事例だろう。

f:id:anadaisei0609:20181230211721j:plain

写真は柴咲コウちゃん。

ここまで社員側の悪口ばかり書いてしまったが、経営側の「愚」も当然ある。一番わかりやすいのが、会社運営がただのトップダウンになっている組織。これには前述した両者間の格差も要因として含まれているわけだが、視点を変えればそういった人間ばかりを獲得してきた採用活動に経営上のミスを見出すことができる。また、それよりも大きい要因として周りをイエスマンで固めて単なる独裁体制をしいている点。これに関しては明らかな経営側の非を指摘することができて、そんな組織がまともなわけない。両者のコンセンサスを得たとしてもそれは半ば強引なもので、本当の意味での合意形成とは言えない。

 

加えて、時には経営側が社員に歩み寄らなければならない場面があって、そこで如何に信頼関係を築こうとしているか見せなければならない。それが報酬なのか、社員旅行や飲み会などのレクリエーションなのか。何をやっても否定する層がいるので正解はないが、少しでも社員が働きやすい、働いてて楽しい・やりがいのある職場にするということが経営者の使命でもある。それを疎かにする企業は中身のないスカスカな物になってしまう。そんな所でしっかりとした議論が成立するわけがない。

f:id:anadaisei0609:20181230211748j:plain

写真は柴咲コウちゃん。

突然なぜこのテーマを書いたかと言うと、先日まで続いた病み期にこういったことを延々とニキビが出るまで考えていた。自分は経営者の息子でありながら現在の立場は社員なので、両者の立場で経験する悪い事象を一度に突き付けられ板挟みにされている。とんでもない所に帰ってきてしまったなあと1週間に1度は考えてしまうけど、いずれ自分が「片方の人間」になったとき、今時期に考えていたことアウトプットしておく重要性を感じた。なので今こうしてブログにしたためている。

 

10年後に見返したときに書いていることが合っているのか、はたまた見当違いなのかは想像もつかないが、とりあえず頑張って生きていこうと思う。ちなみに昔の大人気番組「マネーの虎」には、自分が経営するサッカースクールの損益分岐点を把握していないどころか、損益分岐点という言葉すら知らないバカ社長が登場したことがある。