漫田久子の備忘録

日常、競馬など

規律があるから自由が生まれる

今日は竹鶴の純米にごりを仕入れてきて飲みました。燗酒は55℃の「とびきり燗」が最高温度として周知されていますが、この枠組みにとらわれずに色々試したいな思わせる酒です。70℃くらいまで上げても普通に美味しい。アルコールは78℃が沸点なので、70℃というのはアルコールが飛んでしまうギリギリの温度です。上げすぎるとギスギスした感じになってしまう酒が往々にしてありますが、この酒はそういったこともありません。すごい酒だ。逆に中途半端に苦浮く感じで上げきった方が良いです。


f:id:anadaisei0609:20190314232101j:image

こんな美味しい酒が飲めるのも、自分の味覚が成熟していってるからこそだと思っています。これは「自分の舌が肥えている」と言っているわけではなく、シンプルに「高校生ではこの美味しさがわからない」というだけの話です。塩舐めたり出汁をすすりながら燗酒をちびりちびり…なんてのは完全に趣味の話なんで歳をとってもわからない人はわからないですが、子供の時に食べられなかった物が大人になってから口にしたらめちゃくちゃうまかった、なんてことよくありませんか?ホヤ、塩辛、レバー、ふきのとう…etc.その手の食べ物ぱっと考えただけでもたくさんあります。年相応に良い物は理解できるようになります。

 

よく高校生がイキりたいためだけに酒飲みたがりますよね。勝手に飲んでもらって構わないけど、飲酒という行為に「大人」を見出しているはずのその行動、逆に幼稚に見えることが多く見受けられます。これを飛躍させると、「高校生は酒を飲めない」という社会規範はなぜ存在するのかという話になります。結論から言うと必要な時に最大限に楽しむためだと思うのです。高校生がマクドでポテト・コーラを食べながらおしゃべりするのと、居酒屋でリーマンが枝豆・ビールを食べながらおしゃべりするの、延長線上にはあるけど趣がまったく違います。酒は高校生に必要がないから飲まなくていいんです。

 

そういった規範を「大人が決めたつまらない枠組みだ、自由にさせろ」と断じるケースがありますが、ルールがあるから自由が引き立つのではないか、そう思うわけです。北斗の拳ラオウは、核戦争後の無法状態である世界を暴力と恐怖で支配していました。ある意味何をしても自由な世界ですが、規律がないから大部分の民衆に自由はないんですよね。ラオウはこの統治に限界を感じて愛を持つケンシロウに倒される道を敢えて選ぶわけです。見せかけの自由に本当の自由は生まれない、武論尊先生はそんなことを言いたかったんじゃないですかね。拡大解釈かもしれません。

 

竹鶴から話が随分と飛躍してしまいましたが、北斗の拳を久々に見たらやっぱり面白すぎてネタにしたかったので無理やり繋げてみました。

 

「JRAのCM正直なんでもいい説」と語彙力がほしい話

今日は特定の話題についてではなく、最近思ったことをつらつらと書いていきます。

 

最近TwitterのTLを確認することがめっきり減りましたが、極稀にアプリを開くと3億年前から議論されているデジャヴな内容で盛り上がる様子を見ることがあります。その中で僕の目を引いたのはJRAのCM議論。ラッタッタとTHE LEGENDのどちらが良いかを熱く語り合う謎定期です。ちなみに僕はTHE LEGEND派です。

 

ラッタッタ放送開始直後は圧倒的クソ評価で「博報堂氏ね」なんて言われていた気がしますが、最近は評価する流れが主流みたいですね。ちょっとびっくりしましたが、その論旨としては「ラッタッタでは新規ファンを獲得できるけどTHE LEGENDでは無理。現に新規増えているし」「既存競馬ファンを満足させるだけの生産性のないCMを流す意味がないだろ」という感じ。まあ百理ありますな、という所感ではあるけど、本当にラッタッタで新規ファンが増えているかなんてわからないですよね。言いたいことはわかるけど。

 

そもそもTHE LEGENDで新規ファンが増えなかったのかすらわからないですし、実証できない肌感統計に意味なんかあるのでしょうか。「でも当時より今の方が馬券の売り上げ増えているよね」と言われそうですが、それもラッタッタが要因なんて言えませんよね。今はスマホがめっちゃ普及してディズニーランドでも馬券を買えるくらい馬券購入が手軽になったわけです。あとキタサンブラックとか話題性のあるスターホースも登場したし、UMAJOスポットなんかもこの数年でできています。売り上げや新規ファンが増える要因、考えれば考えるほど出てきますね。

 

何が言いたいかというと、この手のCMの良し悪しをそこで語るべきではないんじゃないかなと思うんです。そもそもラッタッタとTHE LEGENDどちらが良いかなんていう議論自体不毛であることに最近気づきましたが、極論言うと武豊ルメールがしょうもない漫才しているだけのCMを垂れ流しても新規ファンは増える気がします。競馬その物のコンテンツ力がでかすぎますから。THE LEGEND見ながらせんずりこいてもいいじゃないですか。土屋太鳳見ながらせんずりこいてもいいじゃないですか。オカズは人それぞれですよ。…議論の始まりが僕だけズレていたみたいなのでこの話題はここで終わりますね。

 

話変わって語彙力ほしいなあって。まあそれ以上でもそれ以下でもございませんが。僕高校1年の時、暇すぎて(勉強しろ)小説を書こうと思ったんですけど、実際書こうと思うとまったく筆が進まないんですよね。ストーリーは決まっているのだけれど筆が進まない、これは語彙力の不足が原因に他ならないです。売れている小説を見れば一目瞭然ですが、作家の人たちは1つのニュアンスにつき100個ぐらい言葉の引きだしを持っています。大袈裟じゃなく。

 

例えば「今日は不安で死にたくなった。不安である理由は~~~だ。不安な僕は一人不安を押し殺し、不安な日々をこれから過ごしていくのだ。」みたいな1節があったら「不安」という言葉にすべて違う表現を用いるんですよね。そもそも文才がある人はこんな文章構成にしませんが、要するにそういうことです。僕はこれが原因で挫折しました。

 

このブログを書いているときも、1回1回違う表現を使うことに気を付けていますが難しいですよね。語彙力は自然に身に着くものではないので勉強するしかないです。

 

ということでまとまりの話題でしたが今日はこれで終わります。「たっぽい!たっぽい!たっぽい!たっぽい!」でおなじみのTOM★CAT「TOUGH BOY」を聴きながらお送りしました。駄文をご拝読いただきありがとうございました。

www.youtube.com

飲んだ酒備忘録① 奥播磨<山廃純米 山田錦八割磨き>

ブログネタがないときに無理やり暗い話題を書いてもしょうがないので、飲んだ酒の感想をまとめていきたいと思います。

f:id:anadaisei0609:20190309223249j:image

今日は奥播磨の山廃純米を飲んだ。というか今日で1升瓶を完飲しました。結論から言うとやっぱりうめえ、うますぎますね。故・上原浩先生が「酒は純米酒、燗ならなお良し」という1億年後も語り継がれるであろう名言を残しましたが、それがよくわかる酒です。f:id:anadaisei0609:20190309223223j:image

僕は1升瓶を仕入れてくると、その日にまず2合ほど飲みます。常温で味を見てから1合をぬる燗(45℃以内くらい)、もう1合はとびきり燗(55℃前後)まで上げて飲みます。それには理由があって、酒に含まれる有機酸成分のコハク酸・乳酸・リンゴ酸はどれも40℃前後がもっともおいしい温度帯とされていて、燗上がりする酒でこの温度帯で飲んでハズすことはまずないです。安牌な飲み方ということです。なのでまずはそこで基礎部分を味わいます。

 

そうすると段々他の温度帯を試してみたくなります。55℃くらいまで燗つけるとアルコール臭が立ったり酸味にトゲが出てくる酒というのが往々にしてありますが、「燗ならなお良し」と言わしめる酒はそのラインまで温めても味が崩れません。「この酒はどうかな…」とニヤニヤしながら試すわけです。変態でしょ。

 

奥播磨は燗酒クラスタの間ではレアルマドリードのマルセロ的存在で、燗酒ベストイレブンを組んだらまずスタメン入りする銘柄です。なのでおいしいのはわかり切ってたんですけどやはり旨かった。55℃から燗冷ましするに連れて浮いてくる酸味もまた心地よし。言うことなしだなあとなるけど飽くなき探究心は尽きることがありません。次は開栓後の日数経過による味の変化に興味が移ります。最初に2合飲むと書きましたが、1週間ごとに2合ちょっとずつ飲み、約1か月かけて飲み干します。もちろん同じように温度帯の強弱をつけていきます。

 

奥播磨は結論から言うと最終週である今日が一番うまかった気がします。薄っぺらい酒は開栓後すぐに酸化等で生じるオフフレーバーを感じますが、この手の酒はそれがないんですよね。まあ熟成酒なんでもともと老香はしますがそれも心地良いですし。

 

今日は自宅で採れたふきのとうの天ぷらと豚汁を肴にすすりましたが、ほのかな苦みとの相性も抜群でしたね。奥播磨自体、コクを生んでいる良い意味での苦渋がしっかり表れている酒なので、それで相性よく感じた部分もあるかもしれません。うまい酒でした。次は何買おう。


f:id:anadaisei0609:20190309222918j:image

 

「がんばる」という迷惑界No.1ワード

最近他人に「頑張れ」と言ったことに対して酷く後ろめたさを感じた。自分自身「頑張る」という言葉がとても嫌い、というか他人から言われるのがとても不快に感じる。自分を奮い立たせるために「頑張ろう」と思うのは良いけど、他人から「頑張れ」と言われると「なんでお前に言われなあかんねん」と思ってしまう。僕の醜悪な性格が滲み出ている。そんなだから自分が他人に対して「頑張れ」と言ってしまったことが許せなかった。だが困ったことに、「頑張れ」を言ってしまう場面に限ってそれ以外に適切な言葉が見つからない。関西人なら「気張りや~」などで回避できるのだろうか。残念ながら標準語はその手の言葉の多様性が皆無だ。

 

日本に住んでいると「頑張れ!」とか「ファイト!」の類の言葉を、幼少期から頭がおかしくなるくらい聞かされる。小学校中学年くらいになると学級目標に「顔晴る(がんばる)」などという謎標語が登場し、クラスに笑いが絶えなくなる。率先して笑っていたやつはどこかしらの宗教法人に入会していると確信しているが、「頑張れ」という無責任ワードと笑顔を強制をする言葉のダブルミーニングに鳥肌が立つ。頑張らなくていいし無愛想でいい。なにがダイバーシティや。

 

頑張らないと尻を叩かれるこの世の中。狭い道路を走行する自転車のおばあちゃんすら、自動車のスピードに対抗しようと頑張って漕いでいる。邪魔すぎてたまらない。「そんなところで頑張らなくていいから!」と声が出るクラクションが欲しくなる。

 

僕の仕事のモットーは「サボって結果を出す」だ。と言っても本当にサボっているわけではなく、その本質は相対的に仕事してないように見えても結果を残すという部分にある。頑張ってる風の無能が一番嫌いだから、そうなりたくないという逆説的モットーではあるが、実際めちゃくちゃ要領よく仕事をこなさないといけないのでかなり難しいことであるのは確かだ。頑張ってるように見える無能は、周りから見える部分しか手を加えないから一見成果を上げているように見えるけど、将来的な伸びしろの種を撒いていないタイプが多い。あと過程ばかり気にして肝心の結果を残していない人も多い。ノートだけやたらキレイにまとめている友達はいなかっただろうか。

 

僕の大学の時の知人にまさにそういうタイプがいた。第2外国語の授業で知り合って、他の講義で一緒になることが多かったのでプリント類の確保をお願いしていた人物だ。何回かブログやTwitterで話題にしている気がするけど、彼はさぼらず講義を出ているのに、毎回点数が僕より悪かった。家事をするために朝5時に起きて、講義中疲れて居眠りするような人で、とにかくやっていることがちぐはぐ。壁が薄いことで有名なレオパレスに「家具付きかつ有名だから」というだけで入居し、隣人の生活音で眠れない日々が続いたらしい。

 

「とにかく全力を尽くしてがんばろう」みたいな教育は、真面目な人間を不器用にしてしまうと感じる。僕みたいな不真面目な人間が得をしてしまうのは不条理なので、精神論で乗り切ろうとする悪しき慣習は根絶やしにしなければならない。本当にサボってるだけの穀潰しは論外なので、本当に根絶やしにしなければならないが。

好きな作家の話でもして気を紛らわすブログ

かなり久々のブログ更新。気が付けば2月がもうすぐ終わろうとしているが、この1か月は精神がひたすら壊れていた。「こいついつも病んでんな」と思った人もいるだろう。そう思われても無理はないが、今回はマジで洒落にならないくらいショックな出来事があった。時期が来たら近い人には真相を語ろうと思う。気を紛らわすために死ぬほど働いて気丈に振る舞っていたが、感情と実情のギャップで壊れてしまった。今日は憂さ晴らしもかねてキーボードを入力している。

 

とは言え書く内容もあまりない。ストレス発散のために無意味な散財で30万円失った話を書こう、と思ったが中身がまったくないのでやめた。好きな作家の話でもしよう。

 

僕は小学校の時から新聞を読む習慣が身についていた。きっかけはあまり覚えていないが親に読まされるわけでもなく勝手に始めた日課だったのは覚えている。初めはスポーツ面を読むことからスタートし、次に1面、社会面と読むページを広げていくうちに、高校時点で全ページを読むようになった。そのおかげなのか、中学校の社会のテストで必ず出てくる時事問題は毎回全問正解だったし、国語・現代文に関してはまったく勉強していないにも関わらずいつも模試で好成績をあげることができた。他の教科はからっきしだったが。

 

中学になると小説も読むようになった。ジャンルは様々だがバイオレンスなものからファンタジー系まで幅広く読んだ。

 

過激なジャンルでは「悪夢シリーズ」でおなじみの木下半太氏を集めていた。「殴り合いの時は顎を狙うと効果抜群」という豆知識などを得ることができ、実生活に役立てていた。などという冗談はさておきストーリーが単純に面白かった。「え、そこでそうなるん?」と、1冊読み終えるまでに100回言ってしまうのが木下作品の醍醐味。起承転結の転が強烈すぎるのだ。アウトローな性描写も中学生のあそこには最高にイイ感じで、思い出深い作品が多い。導入としては映画化もされた『悪夢のエレベーター』がおすすめである。密室のエレベーターに閉じ込められた個性豊かな登場人物の描き方、そもそもなんで閉じ込められたのか、そこからのどんでん返し…読んでて全く飽きることのない名著だと思う。普段読書をしない人でも笑いながら読めるのでお買い求めはお近くの書店で。

 

ファンタジー系だと断然万城目学氏が好きだった。万城目作品は僕の人生に大きな影響を与えたと言っても過言ではない。ほとんどの作品が映像化されている(なお映像化した作品は酷評されることが多い)ので知っている人も多いと思うが、奈良を舞台にした『鹿男あをによし』や、京都が舞台の『鴨川ホルモー』、大阪が舞台の『プリンセストヨトミ』など、関西が題材に取り上げられることが多い。これらの本は文庫まで待てないのでハードカバーを購入していた。それくらい毎回楽しみだった。

 

万城目作品が僕の人生にどのような影響を与えたかと言うと、関西の大学に行くと決めたのはこれらの小説を読んで世界観に引き込まれてしまったからだ。ホルモーの試合が行われるあそこの寺はどんな場所なんだろう。お好み焼き屋がある空堀商店街に行けばセーラー服を着た男子中学生に会えるんだろうか。奈良に行けば鹿と喋れるの?

 

万城目スポットにはそんなウキウキした気持ちをカバンいっぱいに背負って足を運んだ。大体の場所は期待通りかそれ以上の場所だった。『プリンセストヨトミ』に出てくる空堀商店街は最高だった。映画のロケ地にも行けたし、想像以上に雰囲気が良い商店街に興奮した。唐突に現れるスーパー玉出の蛍光色の看板なんかも実に味があった。ツタが生えた古民家を再利用した喫茶店だったか雑貨屋も、雑然とした大阪を忘れさせる異世界だった。

 

と書けばキリがないが、好きな本の思い出を書き綴っている間は嫌なこともすっかり忘れていた。また読書でも始めようかな。万城目作品のお買い求めはお近くの書店で。

なぜ薄汚いハゲデブ童貞うんこ野郎に女子大生は殺されたのか

前回のブログでこの題名で記事を書いていると言ってしまったので、テーマにせざるを得なくなってしまった。僕はこんな酷い言葉を人生で使ったことがないのでかなり心苦しいが、気力を振り絞って書いていこうと思う。

 

この事件を知らない人はほぼいないと思うが念のため概要を説明しておくと、東京の薬科大学に通っていた19歳女子大生が、ネットの掲示板で知り合った35歳の男に殺されて茨城県神栖市で遺体となり発見された。この事件がここまで話題になっているのは、2人が知り合ったきっかけがスマホゲーム「荒野行動」だったことと、犯人が薄汚いハゲデブ35歳だったことにある。

 

純朴な女子大生が殺された的な報道をされてるけど、ネットで知り合った見知らぬ男といきなり2人で会おうとしているから、被害者も相当なあれだと思う。ビッチだと思う。どうせパパ活感覚だろう。金銭問題があったとかいう報道もあるので、パパ活でお金を貰えると思った女子大生が、実際に会った男の正体(ハゲデブ35歳で金がない)を知った瞬間、「ネットで拡散する」とか言い始めたので犯人が殺した的な流れだと思う。仮にビッチではなくても相当頭は弱かっただろうね。

f:id:anadaisei0609:20190204204838j:plain

写真は麻美ゆまちゃん。

ところでハゲデブ容疑者は学生時代不登校だったらしい。おそらくイジメが原因だろうなあという想像を容易にできて、それが真実ならその部分だけは同情できる。だからといって殺人を犯した事実は消えることなく、まったく同情の余地がない。むしろ軽蔑しかしない。もっと言うとそこから変わろうとしない人間だから最悪の親不孝者になってしまったのだろう。僕の大学時代の友人に学生時代いじめられていたやつがいた。そいつは僕にその辛い過去を平気なフリして打ち明けてくれたし、「大学で俺は変わりたい」と喜々として語っていた。そんなやつだからサークルも楽しんでたし彼女を作って毎日イチャイチャしていた。俺よりもリア充だった。ハゲデブ容疑者はまずそういった前向きさがなく、環境のせいにしてきたから悪い流れを断ち切れなかったんだろう。誤魔化して生きてるやつは往々にして悪い流れしか生まない。

f:id:anadaisei0609:20190204204907j:plain

写真は麻美ゆまちゃん。

ハゲデブ容疑者の容姿はたしかに衝撃的だった。ハゲは正直しょうがない、僕もそうなるかもしれない。だけどデブは直せる。僕もデブだけど、デブはどうにでもなる。痩せてるハゲでもセックスしまっくてるやつらは腐るほどいる。決して打開できない容姿ではないはずだから甘えが生んだモンスターと言える。

 

先日大手コンビニからエロ本が消えるという衝撃のニュースが流れた。まあ時代の流れと言えばそうで、紙媒体はいずれ消える運命にある。先駆けがエロ本だっただけで、出版社への逆風の皮切りなのかもしれない。

 

僕は大学時代にローソンでバイトをしていた。当然エロ本を買う人を何人も見てきた。未成年への販売は禁止されてるんだけど、一日中勃起しているような男子高校生に売らないのは可哀想なので、たばこや酒を買おうとする未成年には厳しい対応をしていた僕も、エロ本購入男子には仏の顔で対応していた。他の店員よりエロ本遭遇率が高くて疑問だったけど、「お兄さんいてる時に来たら買えるでって友達に言っとくわ」などといつものガキが言ってたので、今はそれが原因だと納得している。

f:id:anadaisei0609:20190204204951j:plain

写真は麻美ゆまちゃん。

ところでそんな僕でもむさくるしいおっさんがレジにエロ本を持ってくるときはきつかった。ちょうど今回のハゲデブ容疑者みたいなやつもよく買いにきた。シンプルに非モテすぎるのも可哀想だなあと思う反面、こういうところで負のオーラを生んでいるよなあとも思った。今時スマホでいくらでもエロ動画を見れるのに、「わざわざ僕はこのエロ本でせんずりこきます」なんて報告しなくていいのになあ。偏見かもしれないけど世渡り下手なんだろうという感想をもった。

 

そんなエロ本購入者の中でも衝撃的だったのは、元旦の午前中にやってきた痩せ気味の推定60歳前後のおっさんだ。元旦の午前中にコンビニバイトをしている僕もなかなか衝撃だが。あのおっさんの寂しそうな表情は今でも忘れられない。なんで俺は正月にこんなエロ本を買っているんだろう。そんな眼差しだった。家族はいないのだろうか、などと考えるのも野暮なシチュエーションなのはみなさんもわかってくれるはずだ。からあげクンでもサービスしてあげたくなったが、そういう優しさは返って傷つくだけなので笑顔で見送ることしかできなかった。

f:id:anadaisei0609:20190204205029j:plain

写真は麻美ゆまちゃんと志村けんちゃん。

ハゲデブ容疑者の人となりはよくわからないが、そういう寂しさも多少孕んでいたのかもしれない。それが悪い方向に進んでしまったのか、はたまた最初から極悪人だったか。この話の着地点を見失っているけど、どうしても言いたいのは1つ。ネットの情報を精査できない人間が異性と出会おうとするべきではない。これだけは断言できる。

「戦闘民族Twitter民」に見る人間の他人sage欲求

前のTwitterアカウントを消してからかれこれ1か月半が経つ。現在はこのブログをアウトプットの手段として利用しているが、字数を気にせずに自論をまとめられる点で非常に満足している。Twitterはどうしても字数という壁があり、なおかつインスタントに発信できるせいで衝動的に駄文を世に送り出してしまうことがしばしばあった。そういう意味では言葉足らずで語弊を生むリスクが減った点は大きなメリットと言える。まあ衝動的にブログを書き綴ることもしばしばあるが、公開するしないで悩むことができるし、200文字の中には到底入れることができなかった「末筆ながら駄文に最後までお付き合いいただきありがとうございました」などという保険もかけられるだけマシである。

f:id:anadaisei0609:20190202220235j:plain

写真は伊藤聡子ちゃん。

ところでツイートしなくなったおかげでTwitterの幼さがよく見えるようになった。「こいつらいつも戦ってんな」などとひきつった笑みを浮かべるばかりだが、よく考えると自分もつまらないことでいつも仁義なき戦い勃発していたので同じ穴の狢だった。素直に恥ずかしい。一部の層にはそういった自分のツイートがウケていたみたいだが、それはむしろTwitterの幼さの一端とも言える。そんな自分がウケるような界隈は低レベルだ。

f:id:anadaisei0609:20190202220303j:plain

写真は伊藤聡子ちゃん。

「他人をディスって笑いをとるやつはつまらない」

これは西郷隆盛が遺した最高の名言なんだけど、自分を振り返ると本当に的を得ているなと感じる。僕は人をディスる笑いばかり取ろうとする人間だが、これはブラックサンダーがおいしいことくらい間違いない。長井秀和波田陽区だいたひかるも消えたのでマジで間違いない。ディスり芸は一時的なオナニーでしかなく、快感は長続きしない。スローセックスを楽しみたいなら誰も傷つかないネタで笑いを取りにいくべきだ。

 

Twitterをやめたことにより戦いを仕掛けることは当然なくなったが、正当防衛する場も放棄した。つまりなにかネガキャンされても言われ放しの状態だ。反論してこないから都合が良いので冤罪をなすりつけられることもあるし、逆に名推理で僕の悪事を暴いても何も反論してこないから真相は闇の中、なんてこともあるかもしれない。Twitterで言い争いをして気持ちがスッキリしたことはただの一度もないので、そのストレスから解放されたのは非常に喜ばしいことではある。

f:id:anadaisei0609:20190202220339j:plain

写真は伊藤聡子ちゃん。

しかしながら事実を捻じ曲げたり、都合が悪いことを隠して他人の風評をばら撒くのはやはりいただけない。そんなやつに限って自分がなにか言われると火病を起こすわけだが。みんな矛盾点にはすぐ気づくし嘘ついたらバカでも見透かしてくる。嘘というのはそれぐらい単純でハリボテだ。

 

誰かの噂話を聞いたり当事者の片割れから事情を聞いたら、大抵はその人の今までの言動や性格で整合性を判断すると思う。それには多少の偏見も入っているから事実として受け止めるのは頭が弱いと思うが、そう思われても仕方がない人というのはたしかに存在する。まあそれはそれとして、シンプルに見てない・立ち会っていない話を全て鵜呑みにするタイプの人はバカだ。肝に銘じて生きてほしい。少なくとも僕はそういった過去の自分を恥ずかしく思っている。

 

そんなことを書き綴ってきたが、次に更新するブログのタイトルは「なぜ薄汚いハゲデブ童貞のうんこ野郎にビッチ女子大生は殺されたのか」