読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土日はセンター試験。僕も同じマークシートを扱う同士として頑張ります。

競馬

いよいよ土日はセンター試験ですね。

僕も4年前に受験したわけですが、早いものでこの春大学を卒業します。

 

まあ僕の場合は国公立に行く予定がなかったので、センターも適当でした。

センター利用で受かるところがあれば程度に受けて、普通にやらかしてしまったのでほんと意味なかったです。2日目サボりましたし(笑)センターなんて4560-0721とかキムチスパゲッティぐらいのくだらない記憶しかありませんwww

 

結局大学は志望校に行けませんでしたが、それなりに楽しめました。当初は「こんな糞大学に通うのか…」と半ば絶望気味に、卑屈になっていましたが人間切り替えが重要。

 

1回生の頃は大学院進学を志望していたので気持ちを切り替えて勉強に励んでいました。結局2回生の終わりにトラックマン、スポーツ紙の記者を目指すことに決めましたが、そこで勉強したおかげで就活中の筆記試験対策や、専門分野をフルに活用する卒業論文は他人よりも楽に進められたように思います。

 

なにを言いたいかというと、今自分がやっていることは結果が伴わなくても意味があるということ。そしてそれを生かすも殺すも自分の気持ち次第だということ。

 

大学入試で身についた学力や継続性は社会人になってから必要なことですから当然意味はありますよね?ですが志望校に合格しても、遊びまくって将来を台無しにしたら無意味に終わるし、不合格になって気持ちを切り替えられずそのままだらだら過ごしても台無しになってしまう。だから大学入試なんて80年の人生で考えたら本当に些細なことだと思うんです。重要なのはその後の生き方。

 

僕は結局記者になる夢も叶えられず熟慮の末、兄とともに家業を手伝うことに決めました。自分で思い返してみても失敗続きの人生だなあと思います。幼少期こそ小学校受験に合格し地元で一番の進学校に進み、中学校もそのままエスカレーターで進学できました。しかし高校は中学時代にまったく勉強しなかったつけが回って平凡な学校にしか行けず、大学受験も失敗し就活も行きたかったところから内定がもらえず事実上失敗。ですがまったく後悔はしていないんですよね。こういう生き方をしていたからこそできた経験、失敗、人との出会いがあり今の自分がいます。

 

明日は僕もマークシートと闘いながら応援しています。