土曜のレース予想

今週から馬券の買い方を変えます。

 

 

ワイドは本命と対抗で買います。3連単3連複はその2頭を軸にします。

3連単に関しては本命馬の1着固定で、対抗の2着固定と3着固定をそれぞれ買います。相手を5頭くらいにおさえて、ワイドの1点1000円と合わせて1レースにつき1500円から2000円で購入します。

なのでブログも今まではワイドで買う2、3頭までしか印を回していませんでしたが、これからは押さえる馬まで書こうと思います。

あととりあえずほとんどのレースを予想して買うレースを絞る感じにするので、勝負レース以外に関しても書けるものは書いていきます。

 

ちなみにこのブログの予想は、僕がこの先の馬券に生かすために書いている備忘録なので、時たま超長文が出現します。「お前の考察なんかいらんわ!」っていう人はそういった背景があることを頭にいれておいていただければ幸いです。

 

【京都1R】勝負レース①

<考察>

低レベルなメンバー構成でオーサムバローズの力が抜けている。前走は五分のスタートを決めるも、内の他馬も良い出足を見せ結果的にすんなり前を取れなかった。そのうえ道中は位置を上げる際に外々を回され、インベタで逃げ切った勝ち馬とは対照的なレースだった。そのレースの上位勢は完全に前残り決着で、そういった背景を踏まえれば次走の500万下でも2着と好走した勝ち馬との0.8秒差はそれほどあるように思えないし、むしろ3着以下を大きく引き離したこの馬が一番強い競馬をしたと言えるだろう。昇級後も活躍が見込めそうな器だけにここはすんなり勝ち上がってほしい。2番人気が想定されるフォレストタウンは、先行力こそあるが最後に必ず失速する馬。デビューから2戦連続で逃げをうち3着圏内を確保してはいたが、前走のような上がりのかかる競馬になれば粘り切るのが容易ではなさそう。土曜日は幸い前走よりもこの馬に向く馬場となりそうだが、条件を選ぶというポイントから軸で信頼できる馬だとは思えない。ここは相手以下で押さえるのが良さそうで、次走以降の距離短縮で狙ってみたい。初ダートで過剰人気になりそうではあるがシンウチは面白い存在。前走は芝の新馬戦を走って8着。ただ5着馬は次走のダートで勝ち上がり、7着馬も初ダートで好走。そして9着馬もダートで好走し、「ダート適性のある馬が中途半端に走った新馬戦」と総評しても差し支えはないだろう。シンウチ自身もダート向きの血統でその素養は高いはず。スタートがいいわけではないため先行力に疑問を残すが狙ってみる価値はありそう。

<結論>

◎⑪オーサムバローズ

○⑨シンウチ

押さえ①③⑤⑧⑬

<馬券>

ワイド⑨-⑪

3連単F⑪→⑨→①③⑤⑧⑬/⑪→①③⑤⑧⑬→⑨

 

【京都4R】勝負レース②

<考察>

混戦模様の1戦。1番人気が想定されるサウスオブボーダーは久々で鞍上弱化。堅実に走る馬ではあるが勝ち切る感じもしない。しかも平坦京都より阪神で生きるタイプなため、単勝人気でこの馬が売れるようならほかの馬に旨みを感じる。ナンヨーアーミーは京都ダート1800mを3回走って1度も馬券に絡めずにいるが、どれも適性の無さが敗因だったとは思えない。1度目は単純に馬の実力不足。テン・向こう上面ともに鞍上の手綱はしっかり動いていたがまったく推進力につながっていなかった。上位がハイレベルだったしやむを得ない着順だったと言える。2度目は打って変わってスタートから好位につけることができたが、そもそも外枠不利のコースで外々を回されたのが痛かった。4角で挟まれた時に少し怯んだこともあり、着差を考えればこれも適性のなさで負けたとは言い難い。そして前走の3度目は6か月とかなり久々のレース。内につけられたのはよかったが進路が空かず窮屈な競馬だった。これらのことをふまえるとロスも少なければ内で窮屈にならずに済む今回の枠は絶好。大型馬の叩き2走目で上積みも十分で、メンバーが手薄な今回なら2勝目も可能だろう。乗り替わりの鞍上フォーリー騎手が調教をつけた点に陣営の色気を感じる。自身の◉。ロバストミノルは脚質に自在性。京都コースは相性が良いため、2、3着なら十分ありそう。 

<結論>

◉⑨ナンヨーアーミー

○⑤ロバストミノル

押さえ①②④⑧⑩

<馬券>

ワイド⑤-⑨

3連単F⑨→⑤→①②④⑧⑩/⑨→①②④⑧⑩→⑤

 

明日はこんなもんで勘弁してやるぜJRAさん。