読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくわたしのワイド学

ワイドは複数頭の馬を狙う券種で一番的中しやすい馬券はワイドです。その一方で一番配当がしょぼいのもワイドです。それとどう向き合っていくのがよろしいのか、なんとなく経験談でまとめてみます。

 

①軸は絞らないようにしましょう

馬連馬単3連複3連単。みんな軸を絞って買いますよね?それはなぜなのか考えたことがあるでしょうか。僕がこの質問に答えるとしたら「答えが1通りしかないから」と返すでしょう。軸馬=自分が絶対に来ると思う馬なので、軸馬以外から買うのはお金の無駄になるわけです。

じゃあなぜワイドは軸を絞らないほうがいいのか。話の流れでわかると思いますが、「答えが3通りあるから」です。でも往生際が悪い人はこう言うでしょう。

「軸馬から流せばいいじゃん」

 …アホかと。仮に「この馬絶対来るだろ!」と思ってる4番人気と「うわあこの馬もしかしたら来るかも…」と思ってる13番人気と16番人気がいるとします。軸を絞るとしたらどちらを選ぶでしょうか??まあ前者の4番人気を選ぶでしょうな。

よって軸から流す馬券を買うと、4番人気→13、16という馬券になりますが、これすごくもったいなくないですか?仮に買った馬全頭が3着内に来た時、一番配当の高い13番人気と16番人気の組み合わせを見す見す逃しているということになります。これすごくもったいなくないですか?(2回目)

あと1頭軸から相手3頭に流す場合。当たり前やけどワイドって1頭あたり2通りの的中にしか関与せーへんやんかー?(唐突な関西弁)

ということは相手3頭以上に流す行為は、自動的に無駄馬券を生成しているのと同義なのです。

僕がなぜここまで「無駄」にこだわるかと言うと、ワイドの配当が低いことにあります。例えば3連単なら1万円を超える払い戻いを得た場合、10通り買っても9000円のプラスなのでノーダメです。しかしワイドは穴狙いをしても20倍つけばかなりいい方です。それを10通り買って当てたとしても儲かるのは1000円だけです。つまりワイドは如何に無駄を省いて小点数で買うかが勝負なのです。

 

②買う馬を絞りましょう

軸馬は絞らないほうがいいですが、買う馬は絞ったほうがいいです。①の内容とつながりますが、軸馬を絞らないほうがいいということは必然的に選択肢はボックスか1点勝負になります。ただボックスは買う馬が多いとどうしても買い目も多くなってしまいます。そうすると小点数で勝負するという条件と矛盾が生じます。だから買う馬を絞りましょうということです。

 

③均一レートで買いましょう

本線に厚く張るのが一番ですが、残りの組み合わせも厚く張ったほうが後悔しません。

 

④できる限り人気薄で買いましょう

1番人気の組み合わせはめちゃくちゃ売れます。それが3番人気との組み合わせだと一気にオッズが跳ねます。それを狙いましょう。

 

眠くなってきたのでやめます。③以降が明らかに雑なので気が向いたときに追記します。