「馬券意外の魅力があるんだよ競馬には!」という戯言

実際馬券以外の魅力はあると思う。血統のロマンとか馬が走っている姿とか。好きな馬や騎手を応援するのも良いと思う。競馬場散策も意外と楽しい。場内のB級グルメを突きながらビールを乾いた喉に流し込むなんてのもなかなかの醍醐味。一眼レフ構えていろんな写真を撮ることも見てて面白そう。色んな楽しみ方が競馬にはあるしそれ自体否定する気などさらさらない。

 

だけど「馬券がすべてじゃない」とか「馬券以外の魅力があるから競馬は楽しいんだよ」みたいな、馬券は二の次的な発言にはかなり違和感を覚えるし不愉快にすら感じる。それらの発言は馬券が世間一般から見た競馬に、負のイメージを植え付けている諸悪の根源という前提条件に基づいたものであると考える。言ってしまえば臭い物に蓋をする行為だがちょっと待て。馬券はそもそも臭い物なのだろうか。

 

まず超大前提として馬券の売り上げがないと競馬運営は成立しない。控除率云々の話はまた別の話だからここで詳しく書くことを差し控えさせていただくが、1億の売り上げがあればそのうち1000万以上は競馬の運営費用に充てられる。(ここでは人件費他諸経費を運営費用と考える)

 

それが果たして臭い物なのか。これがないとそもそも馬券以外の楽しみを楽しめない。競馬の根源なのだ。それを二の次とする。自分を正統化するためにその根源を否定する。殊更違和感を感じずにいられない。

 

そして馬券を買う以外の楽しみをもって競馬を見ている競馬ファンが全体の何割いるのだろうか。僕は1割もいないと思っている。僕と人生で初めてオフ会をしてくれたウマジョの方がいらっしゃるが、リラックマが好きな馬券狂いのおっさんとは真逆の人間だ。そんな人でも馬券はしっかり買う。フォーメーション用の赤いマークシートを駆使してしっかり3連複を買う。馬券を買うことは競馬を見ることと常にセットなのだ。馬券がない競馬は、大橋のぞみちゃんなしで藤岡藤巻とかいうオッサン二人組が歌う「崖の上のポニョ」ぐらい価値のない物である。

 

あとそういうことを言う人達は、僕みたいな馬券狂いを全力で否定している気がするが、お前らに競馬愛で負けているとは決して思わない。僕が勝手に師と仰いでる血統ビーム・亀谷敬正さん。彼は馬券を買うために大学を中退している。元々ダビスタ四天王として中学生当時から有名人だった。血統のロマンという馬券以外の魅力をそこらへんの競馬ファンの数十倍知ってる人物だ。そんな人が当時の法律に葛藤した挙句、馬券を買うために大学をやめたのだ。そしてその血統のロマンを自分の馬券に生かしている。こんな素敵なことがあるだろうか。もちろん馬券の味を知らない時に芽生えた競馬への愛はそのままだ。

 

ここまでいろいろ書いたが、そういった臭い物に蓋をする発言は未成年の競馬場入場規制の際によく見られた。だから彼らに1つ言っておきたい。競馬がどうやって成り立っているのか再確認しろ。そして受け止めろ。そうやって現実逃避する手口はいつまでも夢を追い続けてニートしている自称浪人生と何1つ変わらない。馬券狂いの自覚なしで馬券狂いになっては本末転倒である。おわり。