漫田久子の備忘録

日常、競馬など

秋華賞直前なので予想を発表するよ

 

さあ、牝馬3冠の最終戦秋華賞だ。京都に住んでいた昨年まで毎年現地観戦していたレース。今年はテレビで見ると思うとなんだか寂しいな。去年は現地で生の有村架純を見て発情していたのを思い出したよ。帰ってから猿みたいに死ぬほどしこった。レースそのものの記憶は全くないよ。G1だか自慰1だか知らないけどとりあえず当てて見せる。

 【出馬表】

f:id:anadaisei0609:20171015135512j:plain

◎⑪ミリッサ

○⑰ポールヴァンドル

▲⑭ディアドラ

△⑦リスグラシュー

×④モズカッチャン

 

本命はミリッサ。本当なら去年秋華賞を勝つ予定だったシンハライトの半妹ということで注目したんだけど、前走を見て本命に決めた。

まず秋華賞は差し、つまりは瞬発力勝負になることが多い。だからディープ産駒が得意とするレースなんだけど、今年のディープ産駒はどれも瞬発力に秀でたタイプではないんだよね。ということでディープ産駒を除外して考えた結果、前走終い重点の競馬に徹した◎~△までの馬が必然的に対象となる。とりわけミリッサは好位に行けない馬ではないのだけれど、前走テンで追わずに内でしっかり脚を溜め、終い重視のレースをしてきた点に好感。直線がスムーズに行かなかったことを考えると今回は枠も含めて良い条件になったんじゃないかな。鞍上がこのレースの勝ち方わかっているのもポイント高い。姉の無念をこの馬がきっと晴らすよ。

ポールヴァンドルは繰り上げに次ぐ繰り上げでまさかの対抗評価。前走のレースっぷりはもちろんだけど、大型馬でこういうタイプはすごくロマンを感じる。夏を越えて馬が強くなってるしタッチングスピーチ枠で評価したくなる。ピンク帽で過剰不人気の今回は狙わずにはいられない。

ディアドラはポールヴァンドルを対抗で買うならここで買わないわけにはいかないよねということで三番手評価。枠もいいし重視せざるを得ないといった感じ。

リスグラシューもミリッサ本命なら買わないといけない馬。正直春先からの成長度合いに疑問を感じるけど、このメンバーなら地力上位なのは間違いない。ただ勝ちきれない馬なので頭はどうか。2着以下で。

モズカッチャンは枠が良いので買い。内枠でデムーロ、強気に乗られたらやはり怖い。

 

次に切る馬。

 

まずアエロリット。クイーンSからの直行ということですがきついんじゃないでしょうかねえ。過去に同じローテを歩んだ馬で勝ったのはアヴェンチュラのみですよ。じゃあこの馬はアヴェンチュラ級なのかって話ですがありえない。7か月の休養明けの準オープンで古馬相手に楽勝。次の古馬相手の重賞で楽勝。秋華賞も勝ってキャリア最後のエリザベス女王杯スノーフェアリー相手にタイム差なしの2着。順調に行ってたら間違いなく怪物牝馬と言われていた馬だった。アエロリットがそのクラスだとはとてもじゃないけど…。しかも今回の相手は普通にレベル高いし前走みたいなハンデもなし。調教師も実績なしときたらこの変則ローテで勝てる気がしませんわ。馬券に入れてもいいけど頭は絶対ない。僕は切ります。

次にラビットラン。まあ今回はないでしょ。秋華賞勝ちに来ている馬のローテではないよね。まず芝のレースはワンターンのコースしか使ったことないし、ダートで京都1800m使ったときもキャリア唯一の掲示板外。それで小回りが苦手だなんて言うつもりは毛頭ないけど、こういうとこ狙う陣営なら一度芝の小回りを経験させてくるもんだよ。元々順調に来ていない馬だから今回はしょうがない。レースぶりからも器用な馬とは言えないし。今後に期待ということで切り。

ファンディーナは調教が悪すぎで切り。フラワーCの相手も弱かったしここでどうか。地力に疑いはないけど、ここで外枠から勝てる仕上げをしているのか。その点に疑問。今後に期待で。

ワキタエンカは前走メイチ。お釣りは今回ないでしょう。ノリさんがアエロリットのライバル馬を腕試しした感が否めないので。またいずれおいしく買えるときがくるでしょう。

 

買い目は

三連単ながし◎→○▲△×

ワイドボックス◎○△

 

以上。