漫田久子の備忘録

日常、競馬など

春天予想(京都1Rは◎ホクセツ)

非常に難解である。春天がG2に降格したのも頷く超豪華メンバーで何が勝つかなど想像できたものではない。

 

人気馬を見ていくとシュヴァルグランはアタマはなさそう。春天トニービン狙い、何より消去法の単勝1番人気であり、この馬をアタマで買うバカは今から栗東に向かってシュヴァルグランのうんこを食べてくる以外に道はない。そうすれば神様は見ているので何か奇跡が起きる可能性もある。トレセンに不審者が入り込みシュヴァルグランのうんこを食べ始めたという直前情報が入れば惑星注意。

 

クリンチャーはきつい。趣味が不倫の武豊騎手が騎乗停止になってしまい、妻がほしのあき三浦皇成に乗り替わり。非常にきついだろう。サッカー日本代表の監督交代と同等レベルのまずい判断で鞍上藤岡禿を奪われたクリンチャーに未来はない。マジな話をするとG1レベルの相手と3連戦をするのはこの馬だけで、2戦とも馬券に絡んだのもこの馬だけ。お釣りはない。

 

レインボーラインは強い。買い。

 

ガンコは堅い。

 

チェスナットコートは一応買う。

 

カレンミロティックは念の為。

 

サトノクロニクルは調教うんこ。

 

アルバートは来ない。

 

【結論】

◎ガンコ

レインボーライン

▲チェスナットコート

シュヴァルグランカレンミロティック

 

【京都1R】

◎ホクセツ

〇ゴムマリ

▲ドストライク