「にわか競馬ファン」が害悪な理由

ちょっと前にパドック屋さんとかいう馬鹿がウマジョに向けて「現役時代を知らないにわかの分際でスペシャルウィークが死んで悲しんでんじゃねーよwww目薬www小娘www」的なツイートをして炎上しました。今回はそれをテーマにしようと思います。

 

パドック屋さんというおじさんはけっこう前から、「学生時代友達がいなかったおじさんが、Twitterでちょっと人気になって調子乗った結果くそつまらんネタツイートをしてすべりまくり痛キャラの妖怪と化してる」ということで有名で、僕もこのおじさんを煽りまくった結果ブロックされています。炎上するのも時間の問題だったんでまあするべくして起きた炎上かなと思います。

 

僕は正直その炎上の内容についてはどうでも良くて、題名の通り「にわか競馬ファン」が害悪な理由について考えていこうと思います。というのも僕自身、何についてもにわかファン的な人種が嫌いで、ちょっとパドック屋おじさんが言ってる意味もわかる気がしてならないのです。ただ「漫田もか、炎上させたろwww」的な感じになるのは勘弁というかちょっと誤解があって、ある条件さえクリアしてれば僕はそういった人たちに対して何1つ嫌悪感を持ちません。

 

その条件とは「ちゃんとその対象が好きかどうか」です。ファンなら好きと思いがちですけど実はそうでもなくて、「みんなが見てるから」「周りがやってるから」などという理由で興味を持つミーハーは、会話してると別にそこまで好きじゃないという本音が見え隠れすることが多いんですよね。競馬場でウェイウェイしてる大学生グループとかがわかりやすい事例でしょうか。彼らからはギャンブルをしてる俺かっけーみたいな幼さを感じてなりませんし、それ以上でもそれ以下でもない存在に思えます。

 

ここからは更に一歩進んだ話になりますが、本当の意味で競馬が好きなら他のファンへの配慮が行動に表れると思っています。1人でも多く席に座れるように無駄な席取りはしないとか、変な騒ぎ方をしないとか、ルールを破った振る舞いをしないとか。要するにしきたりとか嗜み方を考慮した行動ができないやつはファンではないのです。例えばグルメ通の人たちはテーブルマナーとかお店でのマナーを熟知していて、一流の飲食店はそういう人たちを選んで店に入れますよね?一見様お断りのお店なんかがまさにそれですが、つまりは他の客に迷惑をかけないように、他の客がしっかり楽しめるようにその空間を一緒に作れる人を選抜するシステムです。これって競馬でも同じことを言えると思います。

 

競馬が好きな人はそのことをもっと深く知りたいという意欲に満ち溢れていると思います。そういう人たちは、知識を深める過程の中で多くのことを吸収すると思うし、そこでマナーとか配慮するべき点を身に着けていくと思うんですよね。だから競馬歴が浅いとか知識がないからとかでにわか認定するのは違うんじゃないかと。結局その物事に対する情熱の傾け方で決まってくるのです。今までいろいろ考えに変化がありましたが、これが現時点での僕が考えるにわか論です。

 

じゃあ今回の炎上騒ぎはどうなのか。結論から言うとあのウマジョはにわかじゃないと思います。ウマジョは声優らしくて、役作りのために実際にスペシャルウィークに会いに行き、かなり感情移入していたようです。情熱に溢れていますよね。それを小娘呼ばわりしたおじさんが100%悪いですし殺害予告されてもしょうがないですね残念。お前が害悪だおっさん。

 

この手の批判はこれから太客になるポテンシャルを秘めているファンを離してしまう可能性がありますし、かなり害悪ですよね。JRAは営業妨害で訴えていいんじゃないですか。