漫田久子の備忘録

日常、競馬など

京都1Rデュアルウィールドが熱い件

 

この時期の未勝利戦は長期休養明けの馬を狙うのが鉄則。そうした時に京都1Rのデュアルウィールドが熱すぎる。

 

血統的にダートが合うのは当然として、注目すべきは休み前の内容。馬込が苦手なのか、他の馬が苦手なのかわからないが、とにかくレースというものに対しての前向きさがない内容で、決してダート1800mでスタミナが切れたような負け方ではなかった。休養も怪我ではなく気性難が原因だったことから、今回の復帰戦は満を持しての登場だ。今回は外枠に入り頭数も12頭と少なめ。紛れが少なく外を追走できる今回はかなり恵まれた舞台と言えるだろう。鞍上強化で復帰初戦からいきなりもあり得る。メンバーも決して強い相手ではないしここは頭で勝負。

 

デュアルウィールドから1,3,4に流す3連単と1,3相手のワイドでどうだろうか。