漫田久子の備忘録

日常、競馬など

「願望馬券論」~願望が介在しない馬券に買う意味はない

世の中にはいろいろな馬券術や理論を持った人がいて、そんな大層な言葉を使わずとも競馬ファンそれぞれに自分の軸となる考え方があるはずだ。どの考え方も間違っていることはなくて、その人の馬券との付き合い方や競馬の楽しみ方、収入、ライフスタイルにさえ合致していれば正解だと思っている。

 

f:id:anadaisei0609:20181121213326j:plain

写真は水野真紀ちゃん

僕が昨年高額配当を連発していた頃、それを見ていた「物乞い競馬ファン」から度々以下のような質問が届いた。

 

「漫田さんはなにを重要視して馬券を買っているんですか?」

 

これに対し僕は無視を貫いた。単純に「なんでお前にそんなこと教えなあかんのや」という感情もありつつ、正直自分自身で整理できていない部分もあった。地方では騎手買いばかりしていたし、中央では前残り狙いとか血統とか馬柱を見たフィーリングで買い目を決定していたからだ。

 

現状それに変化はない。しかしある1つの共通点を自覚することはできた。馬券購入時に必ず「こうなってほしい!」という強い願望を介在させていることだ。

 

f:id:anadaisei0609:20181121213457j:plain

写真は水野真紀ちゃん

そもそも馬券は「賭博」であることがこの考えのスタートにある。例えばカジノでルーレットを回すとしよう。黒と赤、どちらに止まるのかを選びそれにベットする。仮に黒に賭けるとしたら、そこには「黒に止まってくれ」という願望だけが存在する。それがすべての動機となるのである。

 

じゃあ競馬は?と考えたらどうだろう。僕はこういった思考を経ずに馬券を買う人がまったく理解できない。買う意味がないとさえ思う。

 

わかりやすく言えば、好きな騎手・好きな馬を買う応援馬券。これには「こいつに勝ってほしい!」という我々の願いが込められている。だから僕はこういう馬券を否定しないし、見てて美しいなとすら感じる。(マカヒキ15万円返して!泣)

 

願望がない馬券にはこういった可愛らしい純朴な願望すら込められていないのである。

 

話をカジノの例えに戻すが、そもそも馬券を組み立てる時に願望というものは非常に大きな役割を果たす。ルーレットの黒赤を選択するのと同様に、馬券も取捨選択が求められる。しかも二者択一どころの話ではなく、何十通り、何百通り…と数多くの選択肢の中から正しいチョイスをしなければならない。難しい話である。

 

ずっと前からTwitterで言い続けてることだけど、だからこそ競馬は厳選しないとプラス収支を継続することが難しい。11000円の配当を得るために10000円を賭け続けてたら絶対勝てないでしょ?(この意味がわからない人はこのブログを読んでも時間の無駄だからブラウザバックした方が良いと思う)

 

その厳選にこそ願望が大きく関与する。帯がほしい!と言っているのに、「あれも気になる、これも気になる、あれも買いたい、これも買いたい」と3連単を何十通りも買っている人がよくいるけど、僕から言わすと「この人は意志も弱ければ博才もないな」という感想しか湧かない。そしてこれは一見願望に見えるけど、屋久島の縄文杉みたいに1本筋の通った強い物ではない。何の目標もない就活生が月給や福利厚生だけで職種を絞らずに就活して…。そんな例えが個人的に最もしっくりくるが、そいつらの末路は、採用担当に浅はかさ見透かされ10月まで余るか、面接官の目を誤魔化しても入社後に「なんか違うな」とやめていくのがテンプレだ。

 

馬券でそれをしてしまうとせっかく当ててもただ利幅が少なくなるし、もっと払戻が得られたかもしれないものを、1点100円分の配当だけで終わらせてしまう結末になりかねない。それを総じて「博才がない」と表現している。

 

f:id:anadaisei0609:20181121213624j:plain

写真は水野真紀ちゃん

ここまで書くと僕があたかも博才を誇っているように聞こえるが、正直そこらへんの人よりは博才があると思ってる。ではなぜか。1点100円で終わらせていないからである。Twitterを見てての所感では、博才がある人は総じてここがクリアできている。

 

自分も含めてこれらの人たちは皆屋久島の縄文杉みたいに1本筋のしっかりとした太い願望を馬券に介在させている。例えば1~3番人気で決まりそうな明らかに堅いレースがあるとしよう。3連単を600円の予算で買わないといけない時、博才がない人ほど点数を多く買ってしまう。さすがにガミる可能性があるので3頭BOXを買う人はいないと思う(いたならぜひブラウザバックしてほしい)が。

 

逆に博才がある人ほど決め打ちしようとする。ここには願望が込められている。もっと言うと1番人気に勝たれたら激安だから3着固定にしようとか、より高い配当を得られるように組もうとする。仮にここで外れてもこういう思考回路が強者のメンタリティーなんじゃないかと思っている。

 

「その人の馬券との付き合い方や競馬の楽しみ方、収入、ライフスタイルにさえ合致していれば正解だと思っている」と冒頭に書いたが、結局ここに回帰する。せっかく汗水流して働いて稼いだ金で買った馬券なのだから、思考停止で買わずに自分の願いを込めてほしい。親の金でギャンブルしてるクズはブラウザバックしてほしい。