漫田久子の備忘録

日常、競馬など

「飲酒」でイキったり、ダメ人間感を演出して自虐する人々

僕はタイトルに該当するタイプの人間が酷く嫌いだ。Twitterで言えば即ブロック、ブロ解、ミュートの対象になる。実生活で言えば交友関係から即外す。

 

高い度数のアルコールを飲んでいることを何故か自慢し始めたり、「今から呑みーwwwwww」とか言ってどういう理屈かわからないけどイキり始める大学生なんかは本当に無理で、自らが酒好きにも関わらず学生時代の友人が下戸ばかりだったのは単なる偶然ではないだろう。自然とそういったグループを敬遠していたのだと思う。飲みに行くときは決まって年上のおじさん、お兄さん、お姉さんで、そっちの飲み会の方が面白かったのは言うまでもない。

 

ダメ人間感を演出するタイプの人は見てて辛くなるから嫌い。ある種のイキりなのかもしれないが、なぜ酒を使って自分がダメ人間なのをアピールするのか。これについても全くもってどういった理屈なのかわからない。水筒に鬼殺しを入れるとか麦茶のペットボトルにビールを入れて持ち歩くとか、その発想自体鼻で笑うレベルでは面白いんだけど、そういう人は決まって自虐的な要素を組み込んでくる。実際ただのアルコール中毒なので賛美されるわけがないんだけど、それを見た人にどういう反応をしてもらいたいのかが伝わらない。「うわあ、お前ダメなやつだなあ」と言われたいだけなら、酒を使わなくてもみんなわかっているので言ってあげるよ。そんな風に思うわけである。

 

ただ酔っぱらいたいだけの酒ほど美味しくないものはないし、ただどんちゃん騒ぎして酔っぱらって帰るだけの飲み会ほど料理や酒を楽しめないものはない。そういった場に居合わせてしまったときは、決まって一人で燗酒をすすりに行く。ああやっぱり酒はおいしいな。フラットな状態で次の飲酒を迎えたいから。

 

 

酒には千差万別の楽しみ方があって然るべきで、社会規範として問題のない楽しみ方ならそれを咎める権利は誰にもないと思う。だから僕がここまで書いていることは「ひねくれ者の穿った意見」と見なしていただいて差し障りないし、別にこう書いているからといって俺の価値観に乗っ取った酒の飲み方をしないやつは死刑な、なんて言う気もさらさらない。あくまでも個人的な価値観の話をしている。

 

ただこれだけは確実に言えるんだけど、飲酒時ほど人となりがわかる瞬間はない。面白い人、楽しい人、トークがうまい人、優しい人、性格が悪い人、恥ずかしい人…。色んな人がいてみんないい。僕は飲み会で端から俯瞰して人間観察するのが好きだ。ある意味本音と本音のぶつかり合いが現れやすいシチュエーションでもあるし、そういった会話をなるほどなあと相槌打ちながら聞くのもものすごく好き。ソロ飲みでも、後ろの席で大声で部下の悪口を語り合うおっちゃんたちをBGMにしばく酒が大好き。本音や本当の姿ほどすっきりした気持ちのいい物はない。

 

最終的には楽しく酒を飲むのが一番なんだけど、自分に酔うために飲む酒は危険だよ。そんなことを言いたかった。