漫田久子の備忘録

日常、競馬など

下痢してたら令和になっていた

この3日間、臓器をひたすらに酷使していたので、今日は夕方あたりから腹下しが止まる所を知らない。駅弁のウニ丼弁当を皮切りに、静岡おでん生しらす、生桜えび、しーすー、ホテルのビュッフェ、金目鯛の煮付け、鰻重(梅)…etc.食いすぎだ。その間に日本酒を1升、生ビールを6杯、缶ビール500mlを3本、ジントニック3杯、糞まずい静岡緑茶ハイ1杯…飲みすぎだ。今日は暇をもて余したのでひたすら酒しか飲まなかったのが余計であった。

 

そんなんで腹下し中に平成が終わった。自分が生まれた時代が淡々と終わり、新たな時代へと進んでいく。感慨もなければ世の中の祝福ムード、便乗商法に辟易とするばかりだが、数十年に一度の機運だと思えばなかなか乙に感じてきた。

 

そんな冷めたことを言いつつ平成最終日に皇居を訪れた。如何にもなネトウヨっぽいおじさんや、ガチで天皇陛下を有り難がってそうな車イスのご老人方、なんのこっちゃわかっていないであろうインバウンド、日本人なのになんのこっちゃわかっていないであろうヤングなアベック、他人の家に向かってひたすらカメラを構える気味の悪い国内外のマスコミ…色んな人間が集結した。暇潰しに来た僕のような非国民もたくさんいただろうが、こんなにダイバーシティな空間は正に非日常であり、日本の片田舎で日々鬱々と暮らす自分にとってかなりビビッドな経験だった。さすがに春天のハズレ馬券を握りしめて野次を飛ばす競馬ファンは見つけられなかった。

 

現代日本はどんどん住みやすくなり、比例してどんどん生きづらくなっている。文明の利器は人間のしょうもなさを浮き彫りにばかりしている。令和になって時代が進めば更に拍車がかかるのは自明であり、平成よりもクソな時代がやってくるのはまず間違いないだろう。この世に生を授かったこと自体クソなので、僕にとって平成よりも最悪な時代と言うのは存在しないわけだが。

 

話はまったく変わって、皇居はめちゃくちゃ良い場所だと思った。皇居ランナーなどという他人の家の周りを走り回る気色の悪い集団を馬鹿にしていたが、これは走りたくなるなと速攻で心変わりした。競い合うように建てられた節操ない丸の内の高層ビル群と、東京の街を400年見守ってきた皇居のコントラストは、これまた非日常的な空間を生み出している。クソな時代が待ち受けていようとも、あの空間は日本が守り続けなければいけない素晴らしい文化だと思う。

 

みんなが新しい時代へ向けて前向きな目標を語る中で恐縮だが、自分は令和が終わる前に死にたいと思っている。そこに向けて全力で走って枯れ果てたいと思う。