漫田久子の備忘録

日常、競馬など

好きな作家の話でもして気を紛らわすブログ

かなり久々のブログ更新。気が付けば2月がもうすぐ終わろうとしているが、この1か月は精神がひたすら壊れていた。「こいついつも病んでんな」と思った人もいるだろう。そう思われても無理はないが、今回はマジで洒落にならないくらいショックな出来事があった。時期が来たら近い人には真相を語ろうと思う。気を紛らわすために死ぬほど働いて気丈に振る舞っていたが、感情と実情のギャップで壊れてしまった。今日は憂さ晴らしもかねてキーボードを入力している。

 

とは言え書く内容もあまりない。ストレス発散のために無意味な散財で30万円失った話を書こう、と思ったが中身がまったくないのでやめた。好きな作家の話でもしよう。

 

僕は小学校の時から新聞を読む習慣が身についていた。きっかけはあまり覚えていないが親に読まされるわけでもなく勝手に始めた日課だったのは覚えている。初めはスポーツ面を読むことからスタートし、次に1面、社会面と読むページを広げていくうちに、高校時点で全ページを読むようになった。そのおかげなのか、中学校の社会のテストで必ず出てくる時事問題は毎回全問正解だったし、国語・現代文に関してはまったく勉強していないにも関わらずいつも模試で好成績をあげることができた。他の教科はからっきしだったが。

 

中学になると小説も読むようになった。ジャンルは様々だがバイオレンスなものからファンタジー系まで幅広く読んだ。

 

過激なジャンルでは「悪夢シリーズ」でおなじみの木下半太氏を集めていた。「殴り合いの時は顎を狙うと効果抜群」という豆知識などを得ることができ、実生活に役立てていた。などという冗談はさておきストーリーが単純に面白かった。「え、そこでそうなるん?」と、1冊読み終えるまでに100回言ってしまうのが木下作品の醍醐味。起承転結の転が強烈すぎるのだ。アウトローな性描写も中学生のあそこには最高にイイ感じで、思い出深い作品が多い。導入としては映画化もされた『悪夢のエレベーター』がおすすめである。密室のエレベーターに閉じ込められた個性豊かな登場人物の描き方、そもそもなんで閉じ込められたのか、そこからのどんでん返し…読んでて全く飽きることのない名著だと思う。普段読書をしない人でも笑いながら読めるのでお買い求めはお近くの書店で。

 

ファンタジー系だと断然万城目学氏が好きだった。万城目作品は僕の人生に大きな影響を与えたと言っても過言ではない。ほとんどの作品が映像化されている(なお映像化した作品は酷評されることが多い)ので知っている人も多いと思うが、奈良を舞台にした『鹿男あをによし』や、京都が舞台の『鴨川ホルモー』、大阪が舞台の『プリンセストヨトミ』など、関西が題材に取り上げられることが多い。これらの本は文庫まで待てないのでハードカバーを購入していた。それくらい毎回楽しみだった。

 

万城目作品が僕の人生にどのような影響を与えたかと言うと、関西の大学に行くと決めたのはこれらの小説を読んで世界観に引き込まれてしまったからだ。ホルモーの試合が行われるあそこの寺はどんな場所なんだろう。お好み焼き屋がある空堀商店街に行けばセーラー服を着た男子中学生に会えるんだろうか。奈良に行けば鹿と喋れるの?

 

万城目スポットにはそんなウキウキした気持ちをカバンいっぱいに背負って足を運んだ。大体の場所は期待通りかそれ以上の場所だった。『プリンセストヨトミ』に出てくる空堀商店街は最高だった。映画のロケ地にも行けたし、想像以上に雰囲気が良い商店街に興奮した。唐突に現れるスーパー玉出の蛍光色の看板なんかも実に味があった。ツタが生えた古民家を再利用した喫茶店だったか雑貨屋も、雑然とした大阪を忘れさせる異世界だった。

 

と書けばキリがないが、好きな本の思い出を書き綴っている間は嫌なこともすっかり忘れていた。また読書でも始めようかな。万城目作品のお買い求めはお近くの書店で。

なぜ薄汚いハゲデブ童貞うんこ野郎に女子大生は殺されたのか

前回のブログでこの題名で記事を書いていると言ってしまったので、テーマにせざるを得なくなってしまった。僕はこんな酷い言葉を人生で使ったことがないのでかなり心苦しいが、気力を振り絞って書いていこうと思う。

 

この事件を知らない人はほぼいないと思うが念のため概要を説明しておくと、東京の薬科大学に通っていた19歳女子大生が、ネットの掲示板で知り合った35歳の男に殺されて茨城県神栖市で遺体となり発見された。この事件がここまで話題になっているのは、2人が知り合ったきっかけがスマホゲーム「荒野行動」だったことと、犯人が薄汚いハゲデブ35歳だったことにある。

 

純朴な女子大生が殺された的な報道をされてるけど、ネットで知り合った見知らぬ男といきなり2人で会おうとしているから、被害者も相当なあれだと思う。ビッチだと思う。どうせパパ活感覚だろう。金銭問題があったとかいう報道もあるので、パパ活でお金を貰えると思った女子大生が、実際に会った男の正体(ハゲデブ35歳で金がない)を知った瞬間、「ネットで拡散する」とか言い始めたので犯人が殺した的な流れだと思う。仮にビッチではなくても相当頭は弱かっただろうね。

f:id:anadaisei0609:20190204204838j:plain

写真は麻美ゆまちゃん。

ところでハゲデブ容疑者は学生時代不登校だったらしい。おそらくイジメが原因だろうなあという想像を容易にできて、それが真実ならその部分だけは同情できる。だからといって殺人を犯した事実は消えることなく、まったく同情の余地がない。むしろ軽蔑しかしない。もっと言うとそこから変わろうとしない人間だから最悪の親不孝者になってしまったのだろう。僕の大学時代の友人に学生時代いじめられていたやつがいた。そいつは僕にその辛い過去を平気なフリして打ち明けてくれたし、「大学で俺は変わりたい」と喜々として語っていた。そんなやつだからサークルも楽しんでたし彼女を作って毎日イチャイチャしていた。俺よりもリア充だった。ハゲデブ容疑者はまずそういった前向きさがなく、環境のせいにしてきたから悪い流れを断ち切れなかったんだろう。誤魔化して生きてるやつは往々にして悪い流れしか生まない。

f:id:anadaisei0609:20190204204907j:plain

写真は麻美ゆまちゃん。

ハゲデブ容疑者の容姿はたしかに衝撃的だった。ハゲは正直しょうがない、僕もそうなるかもしれない。だけどデブは直せる。僕もデブだけど、デブはどうにでもなる。痩せてるハゲでもセックスしまっくてるやつらは腐るほどいる。決して打開できない容姿ではないはずだから甘えが生んだモンスターと言える。

 

先日大手コンビニからエロ本が消えるという衝撃のニュースが流れた。まあ時代の流れと言えばそうで、紙媒体はいずれ消える運命にある。先駆けがエロ本だっただけで、出版社への逆風の皮切りなのかもしれない。

 

僕は大学時代にローソンでバイトをしていた。当然エロ本を買う人を何人も見てきた。未成年への販売は禁止されてるんだけど、一日中勃起しているような男子高校生に売らないのは可哀想なので、たばこや酒を買おうとする未成年には厳しい対応をしていた僕も、エロ本購入男子には仏の顔で対応していた。他の店員よりエロ本遭遇率が高くて疑問だったけど、「お兄さんいてる時に来たら買えるでって友達に言っとくわ」などといつものガキが言ってたので、今はそれが原因だと納得している。

f:id:anadaisei0609:20190204204951j:plain

写真は麻美ゆまちゃん。

ところでそんな僕でもむさくるしいおっさんがレジにエロ本を持ってくるときはきつかった。ちょうど今回のハゲデブ容疑者みたいなやつもよく買いにきた。シンプルに非モテすぎるのも可哀想だなあと思う反面、こういうところで負のオーラを生んでいるよなあとも思った。今時スマホでいくらでもエロ動画を見れるのに、「わざわざ僕はこのエロ本でせんずりこきます」なんて報告しなくていいのになあ。偏見かもしれないけど世渡り下手なんだろうという感想をもった。

 

そんなエロ本購入者の中でも衝撃的だったのは、元旦の午前中にやってきた痩せ気味の推定60歳前後のおっさんだ。元旦の午前中にコンビニバイトをしている僕もなかなか衝撃だが。あのおっさんの寂しそうな表情は今でも忘れられない。なんで俺は正月にこんなエロ本を買っているんだろう。そんな眼差しだった。家族はいないのだろうか、などと考えるのも野暮なシチュエーションなのはみなさんもわかってくれるはずだ。からあげクンでもサービスしてあげたくなったが、そういう優しさは返って傷つくだけなので笑顔で見送ることしかできなかった。

f:id:anadaisei0609:20190204205029j:plain

写真は麻美ゆまちゃんと志村けんちゃん。

ハゲデブ容疑者の人となりはよくわからないが、そういう寂しさも多少孕んでいたのかもしれない。それが悪い方向に進んでしまったのか、はたまた最初から極悪人だったか。この話の着地点を見失っているけど、どうしても言いたいのは1つ。ネットの情報を精査できない人間が異性と出会おうとするべきではない。これだけは断言できる。

「戦闘民族Twitter民」に見る人間の他人sage欲求

前のTwitterアカウントを消してからかれこれ1か月半が経つ。現在はこのブログをアウトプットの手段として利用しているが、字数を気にせずに自論をまとめられる点で非常に満足している。Twitterはどうしても字数という壁があり、なおかつインスタントに発信できるせいで衝動的に駄文を世に送り出してしまうことがしばしばあった。そういう意味では言葉足らずで語弊を生むリスクが減った点は大きなメリットと言える。まあ衝動的にブログを書き綴ることもしばしばあるが、公開するしないで悩むことができるし、200文字の中には到底入れることができなかった「末筆ながら駄文に最後までお付き合いいただきありがとうございました」などという保険もかけられるだけマシである。

f:id:anadaisei0609:20190202220235j:plain

写真は伊藤聡子ちゃん。

ところでツイートしなくなったおかげでTwitterの幼さがよく見えるようになった。「こいつらいつも戦ってんな」などとひきつった笑みを浮かべるばかりだが、よく考えると自分もつまらないことでいつも仁義なき戦い勃発していたので同じ穴の狢だった。素直に恥ずかしい。一部の層にはそういった自分のツイートがウケていたみたいだが、それはむしろTwitterの幼さの一端とも言える。そんな自分がウケるような界隈は低レベルだ。

f:id:anadaisei0609:20190202220303j:plain

写真は伊藤聡子ちゃん。

「他人をディスって笑いをとるやつはつまらない」

これは西郷隆盛が遺した最高の名言なんだけど、自分を振り返ると本当に的を得ているなと感じる。僕は人をディスる笑いばかり取ろうとする人間だが、これはブラックサンダーがおいしいことくらい間違いない。長井秀和波田陽区だいたひかるも消えたのでマジで間違いない。ディスり芸は一時的なオナニーでしかなく、快感は長続きしない。スローセックスを楽しみたいなら誰も傷つかないネタで笑いを取りにいくべきだ。

 

Twitterをやめたことにより戦いを仕掛けることは当然なくなったが、正当防衛する場も放棄した。つまりなにかネガキャンされても言われ放しの状態だ。反論してこないから都合が良いので冤罪をなすりつけられることもあるし、逆に名推理で僕の悪事を暴いても何も反論してこないから真相は闇の中、なんてこともあるかもしれない。Twitterで言い争いをして気持ちがスッキリしたことはただの一度もないので、そのストレスから解放されたのは非常に喜ばしいことではある。

f:id:anadaisei0609:20190202220339j:plain

写真は伊藤聡子ちゃん。

しかしながら事実を捻じ曲げたり、都合が悪いことを隠して他人の風評をばら撒くのはやはりいただけない。そんなやつに限って自分がなにか言われると火病を起こすわけだが。みんな矛盾点にはすぐ気づくし嘘ついたらバカでも見透かしてくる。嘘というのはそれぐらい単純でハリボテだ。

 

誰かの噂話を聞いたり当事者の片割れから事情を聞いたら、大抵はその人の今までの言動や性格で整合性を判断すると思う。それには多少の偏見も入っているから事実として受け止めるのは頭が弱いと思うが、そう思われても仕方がない人というのはたしかに存在する。まあそれはそれとして、シンプルに見てない・立ち会っていない話を全て鵜呑みにするタイプの人はバカだ。肝に銘じて生きてほしい。少なくとも僕はそういった過去の自分を恥ずかしく思っている。

 

そんなことを書き綴ってきたが、次に更新するブログのタイトルは「なぜ薄汚いハゲデブ童貞のうんこ野郎にビッチ女子大生は殺されたのか」

途中になにがあろうと成し遂げたやつが一番偉いしカッコイイ

僕みたいに説教臭い人間。学歴や大手企業勤務という中身が伴っているのか検証できない飾り物にしがみつく人間。他人のネガキャンをして自分をよく見せようとする人間。どの人種にも自分の優位性を誇示したい、マウントを取りたいという共通点がある。中にはしっかりとした人もいるだろうが、大抵は中身がすっからかんだからそういった行為に頼らざるを得ないやつばかり。自戒の念も込めて書いているが、これ以上書くとパソコンを破壊しそうなのでやめておく。

 

Twitterを通して仲良くなった友人がすごいことを成し遂げた。界隈ではかなり有名人だし僕と仲良しということですぐに誰のことかわかった人も多いと思う。月並みな表現ではあるが、まずは最大限のリスペクトを込めて「マジでおめでとう」という言葉を贈りたい。

 

彼が成し遂げたこと、実はリアルタイムで本人から聞いていた。僕も彼にしか話していないことをたくさん話したし、逆に片手で数えられるぐらいの人にしか教えていないことをたくさん話してくれた。秘密を共有し僕らはお互いの進捗状況に一喜一憂した。特に彼の成功は「金額」という目に見える指標があったので、2時間おきぐらいに届く〇〇円到達報告メッセージには毎回興奮させられたし、自分のことのように嬉しく思った。金の亡者なので若干ジェラシーもあったけど(笑)

 

彼とは実は1回しか会ったことがない。これを話すと毎回意外という反応をされる。僕自身何回も会っているように感じるので無理もない。まあその1回が伝説の毎日王冠オフ会とWINS浅草オフ会だから、100回分くらいの価値はあるけど。それなのにそういった秘密を僕に話してくれたことがとても嬉しい。マジでいいやつ。

 

彼がそこまでたどり着く過程は傍から見てて決して平坦とは言えなかった。辛いことの方が多かったと思う。順風満帆ではなかったかもしれないけど、偶然ではなく自分でつかみ取った成功がそれをすべて意味のあるものにしている。本当に尊敬しているし僕も頑張らなくてはいけないと奮え立つ思いだ。

 

今回のことを「大逆転」と表現しているツイートを見たけど、それは間違っていると思う。成し遂げるためのプランニングをしっかりしているのを見てきた。そして成し遂げるための才能が彼にはあった。大逆転だと奇跡的な出来事のように聞こえてしまうので、それだけはここで訂正させてもらう。必然的な成功だ。

 

改めて最後は祝福の言葉で締めくくろう。

叙々苑おごって。

皇族の紐になって血税で馬券を買いたい

「眞子…俺今月金ねンだわ」でおなじみの小室圭さんが、連日のようにワイドショー賑わしている。眞子様のKへの恋心を奪い去り、「精神的に向上心のない者はばかだ」と言い放つ自称先生がそろそろ現れても良いはずだが…。そんな僕の期待とは裏腹に一向に破局報道が流れないのは、二人が駆け落ちしてでも恋を成就させるという所まで来ている証左なのかもしれない。そうなると国民の関心は、もっぱら二人から生まれる子供に移る。湘南のムーミンと皇室ジャパンの主砲の子供ならアントニオ猪木級に違いない。ディープインパクト×ポルトフィーノ産駒の子供が虚弱体質に違いないことくらい明らかだ。…絶対に懐の深い優しい子が生まれてくる。

f:id:anadaisei0609:20190125203301j:plain

写真は安田美沙子ちゃん。

ところで小室さんが本当にロイヤルプリンセスの紐だったかという真実は置いといて、仮に眞子様の財布に入っているお金で馬券を買っていたとしたらめっちゃ興奮しないだろうか?近頃の景気の悪さは異常で、僕の業界なんかは右肩下がりの一方だ。そしてアベノミクスも嘘だった可能性を取りざたされている今日この頃。そんな中で国民があくせく働いて納めた血税をプリンセスの財布から頂戴し、WINS浅草で馬券を買うのである。小腹がすいたら向かいにある中国人店員だらけの吉牛で腹ごしらえするのである。血税で購入した単万馬券を握りしめ、ワンカップ片手に震えるじじいどもと並んでモニターを眺めるのである。ギャンブルの極致ではないか。

f:id:anadaisei0609:20190125203328j:plain

写真は安田美沙子ちゃん。

ギャンブルは使ってはいけない金を使ってするほど興奮する。僕自身それで一回痛い目を見たのでそのようなリスクはもう犯さないが、当たった時の脳汁分泌量は過去最大だった。初めてディズニーランドに行ったときぐらい興奮したな…。

 

大王製紙の井川前会長は世界で最もそれを体感した人間だと思う。彼は毎週会社帰りに妻に嘘をついて飛行機へ飛び乗り、会社の金でカジノに興じていた。妻に嘘をつき会社の金でするギャンブル…。当たった時の脳汁はさぞかし凄まじかっただろう。それ故に沼にハマってしまったわけだが。大阪にカジノができたら脳汁麻薬に脳を侵食された廃人が街にあふれるだろう。

f:id:anadaisei0609:20190125203345j:plain

写真は安田美沙子ちゃん。

そのスケールを考えると、皇族の彼女からもらった金でやるギャンブル…すごくない?金額は少ないがスケールは同等とみて間違いない。ちなみに物事の善悪を理解した上でこの文章を書いているので、「小室擁護するの人間として疑うわ」みたいな野暮な批判はしないでほしいし、そもそも小室さんが眞子様から金をもらって馬券を買っていたというのはご存知の通り妄想である。ゆえにこのブログを知識として蓄えるタイプの人間はインターネッツを解約してもらいたいが、結局何を言いたいかというと競馬やめられねンだわ(笑)

 

 

お前が本命にした馬の名前をタトゥーとして刻む覚悟はあるか?

競馬の醍醐味は馬券。そんなことを言うと、「ギャンブルの側面しか見れないなんて可哀そう(笑)」「好きな馬や騎手を追っかける方が楽しいだろ」「カメラも楽しいよ」「UMAJOとオフパコできないなんて可哀そうな人生(笑)」などという批判に晒されるが、競馬場に行って馬券を買わない競馬ファンなどいないわけで、覆りようのない事実である。もし上記のような批判を展開するやつらがいたら、漏れなく特殊性癖の持ち主と見なしていいだろう。スカトロとかね。

f:id:anadaisei0609:20190123202450j:plain

写真は矢口真里ちゃん。

うんこを食べるようなやつらは放っておいていいが、考えることをやめたソクラテス的風貌の馬券中毒者もこれまた問題である。思考停止した哲学者なんてただの社会不適合者だからな…(偏見)そんなやつらは決まって、生気を失った顔をして競馬新聞・スポーツ紙・有料予想に安易に乗っかりボロ負けする。そんで他人のせいにして生きてきたものだから、詐欺だなんだと批判はいっちょ前にする。命の次に大切な金を、よくもまあ平気な顔をしてドブに捨てるなあと感心させられる。俺も平気な顔をしてマカヒキ単勝に5万円を突っ込むから同じ穴の狢であるが。

 

そんな人生も馬券も底辺な人たちと馬券上級者、一体どこで差があるのか。どちらもただの競馬バカなのに。単純に頭の良し悪しもあるし、資金力の差…いろいろ考えられるし出てくる答えすべてが一理あると思う。ギャンブルとは何か?という質問の答えも、必然的にそこに内包されているはずだ。だけど結局は精神論になる。「覚悟があるかないか」の違い。僕はそこに尽きると思う。イングランドプレミアリーグも真っ青な脳筋解答をしてしまった。

f:id:anadaisei0609:20190123202525j:plain

写真は矢口真里ちゃん。

「覚悟」はある意味で博才と同義と言って差し支えないと思っている。軍資金は1万円で券種は単勝のみ、自分の本命馬が単勝100倍のレースに1.1倍の1番人気がいたらあなたはどうするだろう。答えはおそらく大きく3パターンに分かれる。

A 自信をもって本命馬の単勝を1万円買う。

B 念のため本命馬と1番人気の単勝に資金配分する。

C 怖いので1番人気の単勝に買う。

大体言いたいことは予測がついていると思うけど、Aが勝てる人でBCは負ける人だ。Bは買い方次第だけど、ここで大事なのは「自信をもって」「念のため」「怖いので」という部分。はっきり言って何を買うかは大した問題ではない。どのパターンでもプラス収支の人はいるだろうから。だけどBCの感情を持ってしまう人は間違いなく勝てない。自信の本命馬に資金を注力する覚悟がないのは、配当を自ら返上しているようなもので、貰えるときに貰おうとしない人間にギャンブルは向いていないのである。

f:id:anadaisei0609:20190123202547j:plain

写真は矢口真里ちゃん。

となると他力本願で馬券を当てようとする人間は殊更バカと言える。完全に思考停止してロボットのように勝ち組に乗っかるならまあいいが、そんなつまらないことをするのはほとんどいないはずで、馬券を買って楽しむという大前提がある。その中で他力本願する人間はバカという話だ。元カノの名前と記念日のタトゥーを入れて後悔しているタイプだろうね(笑)

最強の酒の肴「ブリのあら炊き」

僕が学生時代、京都で一人暮らしをしていた時に、週に1回は必ず作っていた料理がある。ブリのあら炊きだ。家の近所にあったイズミヤに夜8時くらいに行くと、必ずおつとめ品のブリのあらが売られていた。大量に入って300円もしないくらいの価格だったと記憶している。なんでこんな最強の食材が売れ残っているのか毎回不思議で仕方なかったが、母と行ったスーパーでお菓子を買ってもらった小学生時代のようなウキウキした気持ちで、30%引きシールが貼られたブリをカゴに入れていた。

 

f:id:anadaisei0609:20190122191105j:plain

写真は小倉優子ちゃん。

もちろんブリをただ煮ただけではおいしくない。京都は九条ネギが安く手に入るので普段はそちらを買うことがほとんどだったが、ブリを買うときだけは必ず白ネギを購入。青い部分を使うためだ。そこにしょうがも加え最強の布陣がカゴの中に出来上がる。青物(ブリ・ヒラマサ・カンパチの総称)特有の生臭さが消え、おいしいあら炊きを完成させるには外せないメンバーだ。

 

家に食材を持ち帰り早速調理開始。さっさと煮込んでビールと一緒に流し込みたいところだが、丁寧な下処理は忘れない。湯引きを施し、生臭さの原因になる血合いをしっかり洗い流す。これを疎かにしてしまうと、いくら完璧な味付けでもダメになる。

f:id:anadaisei0609:20190122191139j:plain

写真は小倉優子ちゃん。

湯引きが終わった頃に大体ビールが待てなくなるので、一本目を開けてキッチンドランカーと化す。酒はケチらないので発泡酒なんて絶対買わない。ビールはエビスビールとオリオンビールの鉄板コンビと決めている。最初はオリオンビールから。キンキンに冷やしたスッキリめのビールが喉を潤す。たまんねえ。つまみはこれまた鉄板。天かすにごま油、塩、ネギ、七味をかけ和えたもの。マジで何にでも合うし簡単だからぜひ試してほしいが、これだけであら炊きの完成を待たずして1缶空いてしまう。ついついエビスに手を伸ばしてしまうが、至福の時間に期待を込め我慢。

f:id:anadaisei0609:20190122191206j:plain

写真は小倉優子ちゃん。

湯引きをしたブリを再び鍋に戻し、酒・醤油・みりん・はちみつ・昆布だし・ねぎの青い所・ショウガをぶっこみ、あとはひたすら煮込む。これだけで御馳走が完成するんだからやめられない。ただこの調味料もこだわりがある。酒は絶対料理酒なんて使ってはいけない。舐めてみればわかるが、「料理酒」として販売されているものは総じてまずい。単体で舐めてまずい酒が料理にいれておいしくなるわけがない。絶対に飲んでおいしい日本酒を使わなければならない。しかも温めておいしい酒。加熱しない料理に酒は使わないのだから、冷やしておいしい酒ではなく燗酒としておいしい酒を使うべき。獺祭ではなく剣菱を使うべき。大学生の財布では料理酒に剣菱なんて上等すぎるから、僕は安酒の中で割と安定している菊正宗の2Lパックを使っていたけどね。水なんていらないから豪快に鍋にドバドバと注ぐ。これがうまさの秘訣。


f:id:anadaisei0609:20190122191321j:image

30分くらい弱火で煮込めば完成。正直煮崩れしてしまうけど、味がしゅんでるので酒の肴にはこれぐらいがちょうどいい。ごはんに乗せて食べるにもちょうどいい。ああやっと完成だ。エビスを開けいよいよ本番開始。濃い味付けのブリにエビスのしっかりとした味わいが負けない。だけど喧嘩するわけでもなくしっかりマッチする。ビールはやっぱりエビスだな。至福の時間があっという間に終わっていく。

 

この前スーパーに行ったらブリのあらが売られていたので、こんなことを思い出しながら久々にあら炊きを作ったわけである。相変わらずうまかったが、今は燗酒という最高のパートナーを習得したのでついに死角がない。結局燗酒が最高。


f:id:anadaisei0609:20190122191343j:image